After Effectsポストプロダクション・編集映像ハック

[After Effects] マスクと平面を使用した、障子扉の様なトランジションを作ってみよう!

モーショングラフィックスのトランジションは色々あり、自分でも作ってみたいけれど難しそう・・。と考えてしまって諦めたり、プラグインなどを使用している方もいるのでは無いのでしょうか?

しかし、原理をなんとなくでも分かるようになれば、難しそうなアニメーションでもサクッと作れる事もあります。

今回紹介するチュートリアルも一見難しそうに見える、障子扉が開いて切り替わるトランジションです。After Effectsの平面、マスクそしてキーフレームを使うだけで簡単にできるので、ある程度After Effectsの操作に慣れていれば10分程度で完成すると思います。

この記事で出来上がるプロジェクトがこちら。灰色のフレームから障子が開くように左右が動き、後ろにあるフレームが見えるというものです。

今回紹介する方法を応用することで、色々なシェイプのトランジションも制作できるようになりますが、こちらの記事では基本操作をマスターしていきましょう。

新規コンポジションの追加、切り替え後のシーンを追加

After Effectsを開いた後で新規コンポジションを追加します。筆者の設定では「1920×1080、23.976fps」にしています。

コンポジション追加後は障子が開いた後で現れるシーンをデザインしていきます。今回はシンプルに背景と「Hello!」のテキストが表示するようにしました。

上部メニューの「レイヤー」から「新規」、「平面」を選択して、平面レイヤーを追加します。色は好きに設定すると良いでしょう。

ツールバーよりテキストを追加して、中央に配置します。

障子部分の平面を追加

今度は扉が開くようなエフェクトを作っていきます。

障子部分の平面を新しく追加します。上部メニューの「レイヤー」、「新規」から「平面」を選択して、好きな色を設定します。

追加後に平面レイヤーを選択した上でツールバーのシェイプツールを選択して、コンポジション全体を覆うように長方形を作り、マスクを追加します。

平面レイヤーが選択されていないと、単純にシェイプが追加されるだけになってしまうので、平面レイヤーに「マスク」の項目があるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

マスクにキーフレームを追加する

このままだと変化がないので、マスクをした部分は透明になる様に「反転」にチェックを入れます。

すると「Hello!」のシーンが表示されるので、1秒にタイムインディケーターを持っていきます。

マスクを追加した平面レイヤーの「マスク」、「マスクパス」のプロパティを展開し、ストップウォッチアイコンをクリックして現在の状態をキーフレームとして追加します。

今度は0秒にタイムインディケーターを動かして、コンポジション上にあるマスクをダブルクリックしてパス を灰色にして自由変形ができるようにします。

その後で、マスクの左と右の線が中央で重なるようにマスクの形を変形します。

イージングとモーションブラー

ひとまず、上記まででトランジションが完成しましたが、イージングモーションブラーを付け加えることで、より自然なアニメーションに出来上がります。

マスクパスのキーフレームを選択してF9(macOSはFnキー同時押し)、または右クリック「キーフレーム補助」から「イージーイーズ」をクリックしてイージングを付け加えます。必要に応じて、グラフエディタで速度微調整を行うと良いでしょう。

最後はモーションブラーのオプションをレイヤーとタイムラインとでそれぞれオンにし、モーションブラーを付け足せば完成です。

今回はシンプルなものになっていますが、長方形のシェイプではなくて円形であったり、ペンツールを使用してカスタムシェイプにする事も可能です。また同じ様なトランジションが何度も必要な場合はプリコンポジションを活用していく必要があります。

この部分に関しては応用編になってくるので、また次回の機会で詳しく紹介していきたいと思います。

キュリオシーンではこれ以外でもAfter Effectsで制作できるシンプルなトランジションのチュートリアルを出しています。気になる方は、ぜひ合わせて読んでみてください。

 

素材のダウンロード

このチュートリアルで使用した素材やプロジェクトファイルは全て上記ボタンからダウンロード可能です。個人プロジェクトはもちろんのこと、商用利用も無料なのでカスタマイズしてプロジェクトに追加してみてください。(コンテンツの使用について詳しく見る)

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close