Curioscene(キュリオシーン)コンテンツの使用について

Curioscene(キュリオシーン)へようこそ!

こちらのサイトでは映像制作に関する制作ハックやチュートリアル、そしてフィリピンやセブ島情報などを紹介しているマガジンサイトです。

映像ハックやチュートリアルなど役に立つ情報を紹介していきたいと考えていますが、チュートリアルの内容によっては記事本文、写真や映像などの素材、Premiere ProやAfter Effectsなどのプロジェクトファイルなどの筆者が制作したコンテンツが増えていくとなか、記事や素材などによっては「素材をダウンロードして、自分の作品に使ってみたい!」、「プロジェクトファイルを編集して自分の作品に利用したい!」、「記事本文の一部を引用して、自分の記事にも投稿したい!」などと考える方も出てくると思います。

Curiosceneは映像制作に興味を持つ多くの方々にぜひ利用して頂きたいと考えており、個人の利用はもちろんのこと、商用利用もこちらのページに記載されてあるポリシーを守って頂ければ自由に利用することが出来ます。

Curiosceneの著作権について

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

多くのサイトの場合は「(C) All Rights Reserved 」と表記することで、コンテンツ著作権の保有を宣言していますが、当サイトではクリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)によるライセンス、「CC-BY」になっています。

CC-BYとはクリエイティブ・コモンズライセンスの中でも1番優しい「著作権者の表記」のみのライセンスになっています。自分のサイトやプロジェクトで使用する際は「Curioscene」のクレジット(後述)を記載するだけで利用可能になっています。

クリエイティブ・コモンズについての詳細はこちらから。

クレジット記載方法について

Curiosceneで公開されている筆者作成による記事本文、画像、映像そしてプロジェクトファイルなどはクレジットを記載をすることで、自由に引用、転載、改変を行うことが出来ます。個人利用については一切連絡は不要ですが、使用先のコンテンツによっては利用が出来ないので、本ページ内の「制約」の項目を事前にご確認ください。

ブログやウェブサイトに記載する場合

  • 原文元: 記事タイトルはこちらに記入 | Curioscene – www.curioscene.com
  • 引用元: 記事タイトルはこちらに記入 | Curioscene – www.curioscene.com

「引用元」などは「引用」などに変更して構いません。引用を行った記事のタイトル、そして記事へのリンクが行われていれば問題ありません。

画像利用

  • 画像: Curioscene – www.curioscene.com

画像内に「@Curioscene」などのクレジットの挿入が望ましいですが、強制ではありません。記事やウェブサイトに使用する際は、画像の下もしくは記事の最後に上記クレジットをしてください。本文と同じように文字にリンクが行われていれば問題ありません。

動画、プロジェクトファイルの使用

  • 素材提供 : Curioscene(www.curioscene.com)
  • Special Thanks : Curioscene(www.curioscene.com)

映画など作品内にクレジットを表記できる場合はクレジットに表記するようにしてください。

商用利用について

サイト内の素材は一部の内容を除き無料で商用利用が可能です。クレジット表記が難しくなってくるとは思いますので、商用で利用する際は必ずお問い合わせフォームから素材などの商用利用についてご連絡ください。

連絡内容の例:

  • 使用する素材(または記事) : 記事のURL
  • 用途: YouTube広告
  • 広告主: (株) ドリームラインプロダクション
  • コメント: 10月に公開予定のYouTube広告用に素材を使用したいです。

コンテンツ利用の制約

サイト内のコンテンツ利用は一部制約があります。またサイトに公開されてある画像や動画は同じクリエイティブ・コモンズライセンスで内使用されてあるものもありますので、それらの素材については記事内の「Photos By」、「Source」の項目から各ライセンスを確認の上ご利用ください。

下記に該当するものは文章の引用、画像や動画などの素材、プロジェクトファイルへの利用のクレジット表記を行っても非営利、営利利用を行うことが出来ませんのでご注意ください。

  • 出会い系、アダルトサイト(風俗、猥褻)関連サイト、またそれを助長するサイトそしてコンテンツ。
  • ギャンブル、賭博関連サイト、またそれを助長するサイトそしてコンテンツ。
  • 暴力的、死体や自傷行為などの残虐的関連サイト、またそれを助長するサイトそしてコンテンツ。
  • 麻薬、違法薬物や違法物のサイト、またそれを助長するサイトそしてコンテンツ

Curiosceneではオープンなマガジンサイトを目指しています。サイト内のコンテンツを利用したいけれど、こういう用途での利用は大丈夫なのか?もう少し詳しく知りたいという方は一度お問い合わせフォームからご連絡ください。

今日から楽しい映像制作をぜひスタートさせてくださいね!

*ここで表記されている内容については変更する場合がありますので、ご了承ください。

最終更新日: 10/11/2017

 

Close
Close