Osmo Pocketガジェット撮影・カメラ映像ハック

Osmo Pocketをハンズフリーで撮影したい時に便利なリュックサックマウント

DJI Osmo Pocketは小型で持ち歩きに便利なカメラですが、アウトドア・アクティビティや旅行中などだと、撮影がしたくても両手が塞がって、カメラを操作出来ない状況があったりしますよね。

ハンズフリーで撮影が出来れば・・なんて思ってしまいますが、そんな時はリュックサックに取り付けることができるクリップストラップ型の固定ブラケットを使用してみるのが良いかもしれません。

今回紹介するOsmo PocketのアクセサリはGoProなどであるようなリュックサックマウントと同じで、リュックのストラップにアダプタを取り付けるタイプのもの。バックパックマウントとも言われます。

どの様な状況で利用するのかは人それぞれだとは思いますが、ハイキングなどで両手が使えない時や風景をとりあえず撮影してみたい時などにオススメです。

そんなOsmo Pocketのリュックサックマウントは様々なメーカーの商品がありますが、筆者が入手したのは「SANCANYI-RIBEN DJI OSMO POCKET対応アダプター ブラケット + クリップ ストラップの固定ブラケット」のもの。

パッケージには「SANCANYI-RIBEN」ではなく「STARTRC」になっていますが、中身は同じみたいです。ちなみに価格はAmazonで1,299円とかなり安価であるのも特徴的。

後ろには機能の説明と同封品の一覧が書かれてありました。

箱から取り出すとアクセサリーの入った銀色の包装が現れ、中には説明書と3つのパーツが含まれていました。

クリップとOsmo Pocketを支えるホルダー部分を装着し、一緒についてくるネジを回して固定するだけです。GoProに慣れている方はすぐ出来ると思います。

セットアップも非常に簡単であるため問題はないとは思いますが、心配であれば取扱説明書も合わせて読んでおくと良いかもしれません。

取り付けが完了したら、ホルダーにOsmo Pocketを装着します。

パッケージの写真ではモニターを正面にするセルフィーモードが使用されていたのですが、録画ボタンなどが押しやすくなるようにモニターを後ろにすることをオススメします。

このままリュックサックのストラップに装着するとOsmo Pocketが横向きになるため、クリップ部分を90度回転させましょう。

こうする事でOsmo Pocketが縦向きになり、手で持つのと同じ様になりました。

実際に装着して歩いてみると意外と安定しており、ハンズフリーで撮影することができました。下の動画はマウントに装着した時のもの。

ハンズフリーで撮影できるのはとても便利ではあるものの、手の時と比べるとダイレクトに動きが伝わるせいか、縦揺れが目立ちます。

また、出っ張りが多いこともあって、人が多い所や障害物がある場所だとカメラをぶつけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

今回紹介したアクセサリーは旅行などで役に立つものだと思うので、ハンズフリーでOsmo Pocketを撮影したいと考えている方はチェックしてみてはいかがですか?

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close