After Effectsポストプロダクション・編集映像ハック

[After Effects] シェイプなどの塗りの色をスムーズに変えていく方法

モーショングラフィックスで複数の背景色を切り替えたい時は、それぞれ色を指定したシェイプなどのレイヤーにフェードを掛けて行うパータンが良く使われていると思います。

しかし、この場合であるとレイヤーが増えるだけではなく、不透明度の設定を行う必要があるので、少し手間が掛かってしまいます。

Adobe After Effectsのプロジェクトで出来ればシンプルに設定をそこまで加えずに、スムーズに背景色を変えていきたい!という方はオブジェクトのプロパティにある「カラー」を使用する事でシェイプレイヤーを一つ使用しながら、色を変える事が出来ます。

どの様に色が変わるかは下の動画の通り。

まるでフェードを掛けているように見えますが、一つの色から別の色に変わっていくだけで、背景に使用しているものは一つのシェイプレイヤーをのみです。

コンポジションにシェイプレイヤーを追加する

新規コンポジションを追加した後は、上部ツールバーからシェイプレイヤーを選択してシェイプを追加します。

今回の場合は背景の色が変わるようにしたいので、画面が埋まるように長方形を追加しました。

わかりやすいようにシェイプレイヤーの名前を「Color-BG」のように変更し、上部の「塗り」から好きな色を指定します。

また今回は信号機のようなイメージにするため色をに、そして「STOP」のテキストを追加してみました。

レイヤーのプロパティを展開する

背景部分である「Color-BG」を選択して、左側にある三角アイコンを開き、「コンテンツ」、「塗り1」を展開します。

中に「カラー」とあるのですが、すぐ横にストップウォッチアイコンが表示されているので、キーフレームを指定して色を変更できるようになります。色を変えたいタイミングに合わせてキーフレームを追加していくと良いでしょう。

 

キーフレームを追加していく

今回のチュートリアルでは「赤(止まれ)」、「オレンジ(注意)」、「緑(進め)」の様にしていきます。

まずはタイムインディケーターを0秒に動かし、ストップウォッチアイコンをクリックして現在の状態をキーフレームとして追加します。

そして1秒に動かして、左側のひし形アイコンをクリックして、同じキーフレームを追加。

数フレームを動かして今度は「カラー」部分のカラーパレットをクリックし、オレンジ色を選択してキーフレームを追加します。

そこから数秒タイムインディケーターを動かし、またひし形アイコンをクリックして、同じキーフレームを追加。

さらに数フレームを動かして、同じ様にカラーパレットから緑色を指定して3つ目の背景色を指定します。

イージングで微調整する

追加されたキーフレームを再生すると、スムーズにフェードのように色が変わっていきます。

もう少し一工夫を加えたいという場合は、キーフレームを選択して「F9キー(macOSはFnキー同時押し)」、または右クリックの「キーフレーム補助」、「イージーイーズ」をクリックしてイージングを加えると良いでしょう。また、グラフエディターからより細かい設定を行うことが出来ます。

筆者的にはあまりいじりすぎると、目がチカチカするポケモンショックを引き起こす可能性があるので、グラフをいじるのであれば「徐々にピークを迎える」、下から上に行く様にグラフを変更すると良いかもしれません。

もし今回のチュートリアルと全く同じ様に作りたい場合は、「STOP」の文字を複製し、色が変わるタイミングにそれぞれ「CAUTION」、「GO」のテキストを追加してみてください。

今回は背景色がスムーズに変わるチュートリアルでしたが、背景のみならず、シェイプレイヤーであれば基本的にこの様なエフェクトを加えることが出来るので、ローワーサードやグラフィックなどに活用してみると良いでしょう!

素材のダウンロード

このチュートリアルで使用した素材やプロジェクトファイルは全て上記ボタンからダウンロード可能です。個人プロジェクトはもちろんのこと、商用利用も無料なのでカスタマイズしてプロジェクトに追加してみてください。(コンテンツの使用について詳しく見る)

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close