サービスポストプロダクション・編集映像ハック

音楽を活用しよう!Artlist(アートリスト)の使い方と曲のダウンロードの仕方

映像制作において、ポストプロダクションの音楽選びは作品の出来を左右するので、かなり重要だったりします。

有名な作曲家やアーティストの曲を自分の作品のBGMとして使用したいところですが、その場合だと著作権侵害になる可能性があるので、ロイヤリティーフリー音楽を入手するのがベストです。

ロイヤリティフリー(Royalty Free)とは使用許諾内であれば好きなように著作物を利用できるもの。映像編集に使用する音楽のみならずグラフィックデザインや写真など様々なジャンルで用意されています。

音楽に関しては日本のサイトや海外のサイトなど色々あり、値段も用途に合わせて変わることが多く、どれを選ぶのか迷ってしまいますよね。

以前、「商用可能なロイヤリティフリーBGMが多く揃っている、オススメのサイト3選」の記事ではAudioJunglePremium Beatをオススメサイトの一つとして紹介しましたが、これらのサイトだとライセンス料が1曲/使用1回になり、YouTubeコンテンツなどでBGMをいっぱい利用したい方はコストパフォーマンスがあまり良くありません。

出来れば定額制でライセンスの用途もシンプルかつ、クオリティの高いロイヤリティー音楽のサイトをお探しの方はArtlist(アートリスト)を使用するのがオススメかもしれません。

Artlistは最近登場したロイヤリティーミュージックがダウンロードできるサービスで、一般的に1曲ごとで請求する他のロイヤリティフリーサイトに比べて、音楽のダウンロードと利用回数が無制限であるのが特徴的です。

サブスクリプションの価格は16.60USドル(約1,782円)/月になっており、サービスを利用するには1年の契約である199USドル(約21,364円)を支払う必要があります。

高く感じるかどうかはその人にもよりますが、1曲あたり25USドルするAudioJungleと比べてみても安く感じられるはずです。

ひと月で2本以上の映像編集のプロジェクトを抱える場合はコスパが良いので、頻繁に編集をこなす方は登録して損は無いと思います。

優しいライセンスが嬉しいポイント

多くのロイヤリティーフリー音楽のサイトではコマーシャルや映画作品などに使えるものの、放映する規模や回数などによってライセンスが変わったり、制約があったりします。

しかし、Artlistの場合はシンプルでわかりやすく、ライセンスのページを要約すると以下のようになります。

  • サブスクリプションに登録することで、ウォーターマークなしの音源がダウンロード可能になり、永続ライセンスがユーザーに渡されます。
  • ライセンスは世界各国で映像や、どのプラットフォームのプロジェクトに利用できるもので、個人用途からコマーシャルまで一つのライセンスがカバーします。
  • クライアントのプロジェクトで音楽を利用する場合は問題はありませんが、クライアントが独断で別のプロジェクトに同じ音楽を再利用することはできません。(その場合はクライアントが別途ライセンスを購入する必要がある)
  • コマーシャルのプロジェクトにおいても、「正しい用途」であればウェブや映画、テレビ、VR、テレビゲームといったプラットフォームで利用可能ですが、国などによってはPRO Agreementが必要となる場合があります。
  • 「正しい用途」とはArtlistの音楽は暴力的、残虐的、アダルト(猥褻)、差別的、相手に嫌悪、批判的ではない内容を指しています。これらのコンテンツを含む利用をArtlistでは禁じています。

一部簡略していますが、ニュアンスとしてはこのような感じ。制約を除いて基本的に自由にコマーシャルなどの案件に使用できるのが嬉しいところです。

ライセンスに関しては今後変更になる可能性もあるので、利用する前に一度「Term of Use(英語)」のページを確認することをオススメします。

登録とサブスクリプションの登録

Artlist.ioにアクセスし、上部にある「Start now」のボタンをクリックしましょう。

ユーザー登録画面が現れるので、「Full Name」にフルネームを、「Email」にメールアドレスを「Password」にパスワードを入力し、「Free Sign Up」のボタンをクリックします。

メールアドレスの登録以外の方法ではFacebookまたはGoogleアカウントと紐付けすることもできます。

その後で「Thank You」のページが現れるので、一覧から音楽を確認するのも良し、すぐ横にある「Get a Liscense」からサブスクリプションに登録する事も可能です。

ライセンスを登録するにはクレジットカードまたはPayPalを使って支払いすることが可能で、登録後すぐに利用できるようになります。

なお、一度カードを登録すると翌年に自動で更新されるので、必要がない場合は1年の契約が切れる前にPayPalの画面などから登録解除すると良いでしょう。

音楽の検索

ログイン完了後にトップページの一覧から音楽を探したり、検索画面からキーワードやムードに合わせて音楽を見つけることができます。

検索窓から「Summer」や「Beach」とプロジェクトにマッチしそうなキーワードをすると、それにあった音楽が表示されます。

絞り込み検索では「Mood(ムード)」、「Video Theme(ビデオテーマ)」、「Genre(ジャンル)」、「Instrument(楽器)」で分けられているので、項目を選んで表示する事もできます。

曲のプレビュー方法はアルバムアートの横にある再生ボタンをクリック。

フォルダアイコンは音楽をフォルダ分けできるようにするもので、星アイコンはお気に入りになります。

音楽をSNSなどで共有したい場合は共有アイコンをクリックするとオプションが現れます。

一覧表示では「Sort by Staff Picks(スタッフのオススメ)」、「Top Downloads(トップダウンロード)」、「Newest(最新)」から表示順を変更可能で、音楽のテンポも「AnyTempo(全てのテンポ)」から「High(高テンポ)」のように細かく設定したり、「Duration(長さ)」から曲の長さを選ぶ事もできます。

また、マイクアイコンをクリックするとボーカル無しの音楽が表示されるので、合わせて利用してみると良いでしょう。

音楽のダウンロード

曲一覧にあるカートアイコンをクリックし、入手したい音楽を選択します。

全てカートに入れたら、上部にあるカートアイコンをクリックして、「Checkout(チェックアウト)」をクリックしましょう。

すると登録したメールアドレスにダウンロードリンクが送られるので、音楽をダウンロードすれば良いです。

ダウンロードリンクの他にもArtlistの上部にある「ユーザー名’s Music」からこれまでに入手した音楽を一覧表示する事も可能です。

プロジェクトに合わせてMP3またはWAV形式でダウンロードすると良いでしょう!

Artlistにある音楽はインディー系のものが多かったのですが、最近ではコマーシャルの案件にもマッチしそうなクオリティの高い音楽も見つけることができるので、じっくりと探してみることをオススメします。

色々なプラットフォームに利用できるだけではなく、好きにリミックスできたりするので、自由度の高いArtlistをぜひ利用してみてはいかがですか?

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close