DaVinci Resolveポストプロダクション・編集映像ハック

[DaVinci Resolve] タイムラインや60fps、120fpsクリップのフレームレートを変更する方法

映像制作において重要な要素の一つがフレームレート(Frame rate)です。

フレームレートとはいわゆる「1秒に写真を何コマ含めるか?」の数値で、映画などで良く使用される「24fps」は「1秒に24コマ(24 frame per second)」含まれているということになります。

映画では主に24fps、テレビでは30fpsが一般的であるほか、スローモーションに特化した60fps120fpsなども良くフレームレートです。

これまで、60fpsや120fpsはシネマや業務用カメラでしか利用ができなかったフレームレートでしたが、最近ではiPhoneやGoPro、Osmo Actionといった小型のビデオカメラに搭載されるようになり、誰にでもスローモーションの素材が使えるようになりました。

数多くあるフレームレートですが、仮に「23.976fps」で撮影されたプロジェクトであれば、編集の際も必ず「23.976fps」にする必要があります。同じフレームレートにしないと、映像がカクついたりするため。

60fpsや120fpsの素材をスローモーションとして使用する場合、タイムラインをまず「23.976fps」に設定し、その後でクリップも「23.976fps」 として変換する必要があります。

今回はそんなDaVinci Resolveにおけるタイムラインのフレームレートの変更方法とクリップのスローモーションの変換方法を紹介したいと思います。

DaVinci Resolveでの注意点

60fpsや120fpsで撮影された映像素材をスローモーションの映像に変換する方法」の記事ではPremiere Proでのシーケンスにおけるフレームレートの変更方法を紹介しました。

こちらの記事では「シーケンス設定」から簡単にタイムラインのフレームレートを変更することができるのですが、残念ながらDaVinci Resolveでは同じようにはできません。

試しにメディアプールに59.97fpsで撮影されたクリップを追加し、エディットタブに移ってクリップをタイムラインに挿入します。

一見問題ないように見えますが、Premiere Proと同じ方法のようにフレームレートを「24.976fps」にするため、右下にある「プロジェクト設定」を開いてみましょう。

マスター設定」内にある「タイムラインフレームレート」を確認してみると、フレームレートの変更ができないようになっています。

このように、メディアプールにクリップを追加してしまうと後にフレームレートの変更ができなくなるため、クリップを全てを読み込む前に変更を行う必要があります

プロジェクトのフレームレート設定方法

DaVinci Resolveのメディアプールにクリップが既にある場合は一度削除します。

選択したクリップを削除しますか?」のウィンドウが出るので「削除」をクリックします。進行中のプロジェクトは削除されるので注意してください。

クリップを追加する前に、右下の歯車アイコンをクリックします。

すると先ほどあった「プロジェクト設定」のウィンドウが現れるので、「マスター設定」内にある「タイムラインフォーマット」の「タイムラインフレームレート」の項目から使用したいフレームレートを選択します。

筆者の場合は「59.94fps」で撮影された素材を「23.976fps」で編集したいので、それに合わせて変更しました。

加えて「再生フレームレート」、ビデオモニタリング内にある「ビデオフォーマット」をフレームレートに合わせせた「HD 1080 23.976」にそれぞれ設定し、「保存」をクリックします。

その後でクリップをメディアプールに追加すると「クリップのフレームレートと現在のプロジェクト設定のフレームレートが一致していません」のウィンドウが現れるので、「変更しない」を選択しましょう。

クリップのフレームレート変更

上の項目ではプロジェクトタイムラインのフレームレートを変更できましたが、現段階では60fps、120fpsで撮影されたハイフレームレートのクリップはスローモーションに変更されず、フレームをスキップするドロップフレームの状態になっています。

60pや120pのクリップを「23.976fps」のタイムラインに合わせるためにフレームレートを変更する場合は、メディアプール上で変更を行いたいクリップを選択して右クリック、「クリップ属性」を選択。

ウィンドウにある「映像」タブ内の「ビデオフレームレート」から「23.976fps」を選択し、「OK」をクリックします。

この部分に関してはPremiere Proにある「フッテージの変換」と全く同じです。

既にタイムラインに入っているクリップもフレームレートの変更を行うとすぐに反映されます。こちらに関してはあくまでも編集アプリ内での変更になるので、HDD上にあるクリップのフレームレートは影響はありません。

Premiere Proに比べると少々面倒ではあるものの、上記の方法であればプロジェクトのフレームレートを正しく設定し、スローモーションの素材を上手く使うことが出来るはずです。

DaVinci Resolveでスローモーション素材を扱いたい場合は、素材をすべて読み込む前に「プロジェクト設定」から使用するフレームレートを選んだ上で編集スタートする必要があるという事を常に頭に入れておきましょう!

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close