ガジェットポストプロダクション・編集映像ハック

A7siiなどで撮影されたαシリーズのXAVCの映像をiPad Proで読み込む方法

2018年に発売されたiPad Proはそのスペックから同じAppleが販売しているMacBook Proに匹敵すると言われており、イラストレーターやフォトグラファーといったプロも使用できるデバイスになりました。

映像制作でも同じように4K画質の編集もサクサクこなせるため、iPad Proを購入したい!と考える方もいるのではないでしょうか?

スペックはたしかにパソコンに近づいているものの、ハードウェアやアプリケーションなどの互換性や操作に違いがあります。

そのため、これまでPremiere Proなどで編集したことがある方はワークフローそのものがガラリと変える必要があるので注意が必要です。

撮影された映像素材をiPadに読み込むというのもiPadで映像制作を行う時に覚えておきたい懸念点の一つです。iPad Proを例にしてみると、高速なUSB Type Cが搭載されているのにも関わらず、iOS側の制約によって外付けHDDを認識することはできません。

そのため映像、写真といった一眼レフやミラーレスで撮影された素材をiPadに読み込むにはSDカードリーダーを使用して直接読み込む必要があります。

しかし、注意していただきたいのは全てのカメラには対応していないということ。CanonやDJIといったカメラで撮影された映像は読み込むことができますが、SONYのαシリーズの場合だと、写真のみで映像は残念ながらSDカードリーダー経由では読み込めません。

これはiOS側で「DCIM」フォルダー内にあるファイルのみを読み込み可能にしているため。a7Siiやa7Riii、a73iii、a9、a6500、a6400といったシリーズで撮影されたXAVC HD、XAVC 4Kの映像は全て「PRIVATE」フォルダーに格納されるため、表示されないのです。

SDカードの「DCIM」フォルダーに映像を移動させたり、パソコン経由で素材をiPadに移すことも可能ですが、カメラ側での設定とケーブルを揃えていれば直接読み込むことができます。

今回はそんなSONY αシリーズのカメラで撮影された動画をiPadに読み込む方法を紹介したいと思います。

カメラ側の設定

今回のチュートリアルではa7siiを使用していますが、SONYのαシリーズであれば同じ設定画面があるはずです。

その他設定」のタブに移動し、「USB接続」の項目を確認します。デフォルトでは「オート」になっていると思うので、ここを「MTP」に変更します。

そしてその下にある「USB給電」を「オフ」にします。

カメラとiPad Proの接続

設定を変えた後でカメラをiPad接続します。筆者の場合はa7siiのmicro USB Type BからUSB Type Aのケーブルでカメラ側に接続。

そしてUSB Type AからUSB Type Cのアダプターを使用してiPad Proに接続しました。どちらもApple純正品ではないものです。

カメラに接続するUSBケーブルはカメラによって違いますが、LightningでなければApple純正品に頼らずカメラとiPad Proを接続できると思います。

iPad Pro以外の他のiPadを使用している方は「Lightning – USB カメラアダプタ」が必要になるかもしれません。

クリップの読み込み

iPadに接続されると自動で写真アプリが立ち上がり、「読み込む」のタブが表示されます。

読み込みたいクリップを選択するか、右上の「すべて読み込む」をタップしてSDカード内にある素材を全て読み込むことができます。

4Kの素材も読み込めるものの、4K60pだとエラーのアイコンが表示され読み込みできないので注意しましょう。こちらもiOS側の制限によるものだと思います。

USB規格によって速度が変わるので注意

筆者が使用したa7siiはUSB Type B端子が使用されているため、4K24pの素材をiPad Proに読み込んだ時は長めに待つ必要がありました。

しかし、a7riiiなどのUSB Type Cに対応しているものであればより高速に読み込む事が出来ると思います。対応しているUSB規格によって速度が変わるということを覚えておくと良いでしょう。

iPadでの映像編集はパソコンとはまた違った方法になってくるので、慣れが必要になりますが、決して不可能ではないと思います。素材の読み込みが遅い場合はコーヒーなどを飲みながら待つというのも良いかもしれません。

キュリオシーンではiPadでの映像編集に役に立つチュートリアルを投稿していくので、ぜひチェックしてみてください!

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close