サービス映像ハック

ストックビデオからBGMまで!ロイヤリティフリーコンテンツのダウンロードし放題のEnvato Elements

コマーシャルや短編映画などを制作する際、プロジェクトに使用するBGMに悩んでいたり、ストックフォトやストックビデオを使いたいけれど価格が高くてなかなか手が出せないという方もいるのではないのでしょうか?

キュリオシーンではArtlistFreepikなどのロイヤリティフリーサイトを紹介してきましたが、どのサイトもBGMのみ、グラフィックのみのように特定のコンテンツのみを提供している所がほとんどです

ストックビデオとBGM、グラフィックなどをプロジェクトで必要になった場合、各サイトからコンテンツを購入することも可能ですが、サービスによってはライセンスが複雑だったり、アイテムの価格が高価だったりするため悩ましいところです

しかし、ロイヤリティフリーのコンテンツを提供しているサービスによっては特定のコンテンツではなく、ストックビデオやBGM、グラフィック、WordPressテンプレートなど数多くのアイテムを定額制でダウンロードし放題のものもあります。

今回紹介するEnvato Elements(エンバト・エレメンツ)もその一つ。Envato Elementsでは月額16.50USD(年間)ストックビデオ、After EffectsやPremiere Proなどのビデオテンプレート、音楽、サウンドエフェクト、グラフィックテンプレート、プレゼンテーションテンプレート、ストックフォト、フォント、ウェブやWordPressテンプレート、3Dオブジェクトなどを無制限でダウンロード出来るサービスとなっています。

今回の記事ではそんなEnvato Elementsの登録方法やアイテムの入手、ライセンスの管理方法を詳しく紹介していきます。

スポンサード

Envato Elementsに登録する

Envato Elementsを利用するには予めEnvatoでユーザー登録を行う必要があります。AudioJungleやThemeForestなどEnvato Marketのサービスを既に利用したことがある場合は同じログイン情報でログインできます。

ユーザー登録をしたことがない場合はこちらのリンクをクリックして、上部メニューの「Sign In」をクリックします。

ログイン画面の下に「Create and Envato Account」とあるので、それをクリックしてユーザー登録画面を開きます。

上の画像の通りに名前やメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力した後は「I’m not a robot」にチェックを入れ「Create Your Account」をクリックします。メールアドレスにお知らせやプロモーションが必要ない場合は「Send me tips, trends.. 」のチェックを外すと良いでしょう。

クリックした後でEnvato Elementsのトップページに戻ればユーザー登録が完了します。

サービスを利用する

アカウントを作成した後はEnvato Elementsのサブスクリプションに登録することで利用可能になります。ログインした状態で「Subscribe」をクリックします。

請求者と決済情報の入力が求められるので入力します。Envato Elementsを初めて利用する場合は7日間のトライアル(試用期間)があるので、トライアル期間中であれば支払いが行われることはありません。

スポンサード

I agree to the License Terms..」にチェックを入れ、右側の「Select billing cycle」から支払いのサイクルを指定します。「Yearly USD 16.50/m」は年払いの月額料金になるため、支払総額はUSD 198になります。

年払いではなく月払いにしたい場合は「Monthly 33/m」を選択すると良いでしょう。情報と支払いサイクルを選んだ後は「Complete order」をクリックします。

アイテムの検索

Envato Elementsでのアイテムの入手方法はEnvato Marketと似ています。メインメニューにあるカテゴリ一覧からStock Video(ストックビデオ)、Music(音楽)のように入手したいアイテムのカテゴリを選択するか、上部の検索窓からキーワードを入力して検索を行えます。

Envatoで提供しているサービスは日本語が用意されていないので、基本英語での検索、入力になりますが「Fox(キツネ)」、「Happy(楽しい)」、「Wedding(ウェディング)」などシンプルなキーワードを入力するだけで簡単にアイテムを見つけることが可能です。

下は「Happy」のキーワードで検索してみた結果です。

Photos、Stock Video、Musicのようにカテゴリ分けされているので、確認したいアイテムをクリックすることで詳細ページを開くことが出来ます。

アイテムのダウンロードとコレクション

入手するアイテムによって詳細ページのデザインが多少異なりますが、アイテムのダウンロードやコレクションへの追加方法は基本的に同じになります。下は音楽のアイテムを例にしてみます。

左側にある「+」アイコンはアイテムをお気に入りである「コレクション」に追加できます。すでにコレクションが作成されている場合は一覧にある「Add」から選択したコレクションに追加したり、「Create New Collection」から新しくコレクションを作成できます。

Download Preview」はアイテムのプレビュー版をダウンロード出来ます。利用するアイテムにもよりますが、音楽の場合は「AudioJungle」がストックビデオの場合は「Envato」のウォーターマーク(透かし)が入ったファイルを入手できます。

Download」はウォーターマークなしのアイテムをダウンロード出来ますが、ダウンロード時にプロジェクトの登録を行う必要があります。

「Download」のボタンをクリックすると「Add this file to a project」の画面が表示されます。「Create new project」からプロジェクト名を入力しましょう。

すでにプロジェクトが登録されている場合は一覧からアイテムを追加するプロジェクトを選択すると良いでしょう。プロジェクトの登録が完了したら「Add & Download」をクリックしてダウンロードを行いましょう。

音楽をダウンロードする場合は下のようなメッセージが現れる場合があります。このメッセージは「YouTubeにアップロードする際に利用した音楽に「著作権の申し立て」が表示される場合がある」というもの。

YouTubeでアップロードした際に著作権の申し立てが現れた場合はEnvato Elementsのダウンロードページからライセンスを入手し、YouTubeの編集画面から登録する必要があります。

ライセンスの入手方法

YouTubeなどライセンスの登録が求められた場合はEnvato Elementsの右上にあるユーザーアイコンにある「My Downloads」をクリックしてダウンロードページを開きます。

各アイテムにある「Download license」からライセンスを入手できます。

ライセンスはプロジェクト名に併せて作成されているので、同じアイテムを別のプロジェクトにも使用する場合は「Add A License」をクリックします。

プロジェクトの登録画面が現れるので、プロジェクト名を入力し、「License for a project」をクリックして登録を完了させましょう。

同じアイテムに複数のプロジェクトが登録されている場合はこのようにプロジェクトごとにライセンスが用意されるようになります。

入手したライセンスは「YouTubeにアップロードしたロイヤリティーフリーの音楽が著作権侵害申し立てになった時の対処法」で紹介した方法と同じようにYouTube Studioからライセンス情報の項目にペーストすると良いでしょう。

Envato Elementsのライセンス

Envato Elementsで提供しているアイテムはプロジェクトを登録してあれば、すべて商用利用可能になっています。

基本的に一つのアイテムにつき、一つのプロジェクト(One End Product)に紐付ける必要がありますが、フォントなどはデバイスにインストールした時にライセンスが付与されるなどアイテムによってライセンスが異なる場合があります

音楽(BGM)についても同じで、ウェブやYouTubeにアップロードする商用、個人の動画コンテンツは基本的に問題ありませんが、テレビに放映するコンテンツはEnvato Elementsのライセンスではカバーされていないので注意が必要です

Envato Elementsを解約した場合、その時点でEnvato Elementsのアイテムは利用できなくなりますが、すでにプロジェクトに使用したアイテムのライセンスは引き続き有効なので安心です。

ライセンスについては今後も変わる可能性があるので、気になる方は一度Envato Elementsのライセンスページを確認してみることをオススメします。

Envato Elementsはお得なのか?

Envato Elementsの料金は年間であればUSD 198なので、少し高いと感じてしまうところですが、BGMのみを提供している他のロイヤリティーフリーのサービスと比べるとBGMのみならずストックフォトやストックビデオ、ビデオテンプレートなど様々なアイテムをダウンロードの制限なしに利用できるのは嬉しいところです。

ロイヤリティーフリーのアイテムをEnvato MarketのAudioJungleやVideoHiveで購入することも可能ですが、場合によってはEnvato Marketで購入したアイテムの価格がEnvato Elementsの年払いの月額と同じくらいになる事もあるので、素材などを多く利用したい場合は断然Envato Elementsの方がお得になります。

一つ注意する点として、Envato ElementsにあるアイテムはEnvato Marketと同じではありません。Envato MarketにあるのにEnvato Elementsにアイテムがない場合もあるので、その際は別途Envato Marketで購入するようにしましょう。

Envato Elementsのアイテムは毎週のように新しいアイテムが追加されていきます。コマーシャルを含む動画コンテンツなどに役立つので、気になる方はぜひ使ってみてはいかがですか?

(MIKIO)

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Back to top button