Final Cut Proポストプロダクション・編集

[Final Cut Pro] クリップに適用したエフェクトをコピーしたり、まとめて反映する方法とは?

映像編集では基本的なカットの他にも色補正やオーディオの調整などを行う必要があります。

これらの調整は主に編集アプリに内蔵されているエフェクトなどを使って調整していくのですが、クリップごとにエフェクトを適用しその都度調整をするため、多くの時間を費やす手間のかかるプロセスだったりします

一般的にシーンやロケーションごとの色補正や音声を調整していきますが、プロジェクトによってはベースとなるクリップを調整し、他のクリップに同じエフェクトを適用させる方法もあります

この方法はインタビュー映像や色補正を完了させたシーンにカラーグレーディングを適用させるなどで使うことができます。エフェクトの一覧からドラッグ・アンド・ドロップして、一つ一つ調整するよりまとめてエフェクトを適用できるので便利です

Adobe Premiere Proではクリップを選択して、エフェクトコントロールにあるエフェクトをコピーして適用したいクリップにペーストするだけで簡単にエフェクトを別のクリップに反映できるのですが、Apple Final Cut Proでの操作は少々異なります

筆者はずっとPremiere Proを使っていたので、最初は同じように利用できないFinal Cut Proに不便を感じていましたが、操作に慣れると意外と問題ないと感じられるようになりました

スポンサード

今回の記事ではそんなFinal Cut Proにおけるエフェクトを別のクリップに適用させる方法を詳しく紹介します

2通りあるエフェクトのコピー・ペースト

Final Cut Proの公式サポートでは一番簡単な方法として「エフェクトのペースト」とより細かなペーストを行える「パラメータをペースト」の2種類の方法を用意しています。

エフェクトのコピー

Adobe Premiere Proと違い、Final Cut Proのエフェクトはビデオ/カラー/オーディオインスペクタにあるエフェクトやキーフレームのコピーを個別に行うことは出来ず、クリップのコピーのみ用意されています

エフェクトのコピーを行いたい場合はまず、タイムラインでコピー元のクリップを選択して「Command+C」または上部メニューの「編集」、「コピー」からクリップをコピーします。

1. エフェクトのペースト

コピー元のクリップを選択して「Command + Option + V」のショートカットまたは上部メニューの「編集」にある「b」をクリックします。

ペースト先のクリップにエフェクトがペーストされますが、この「エフェクトのペースト」はコピー元の全てのエフェクトやキーフレームが反映されるものなので、注意してください。

こちらの方法はエフェクトなどが適用されていないクリップへの適用であれば最適ですが、すでに同じエフェクトがある場合は追加される形になるので、特定のエフェクトやパラメータのみをペーストしたい場合は下の方法を使用します。

スポンサード

2. パラメータをペースト

先ほどと同じようにエフェクトやキーフレームをコピーしたいクリップを「Command + C」でコピーし、適用したいクリップを選択して「Command + Shift + V」のショートカットまたは上部メニューの「編集」から「パラメータをペースト」を選びます。

すると「パラメータをペースト」のウィンドウが現れるので、適用させたいエフェクトやパラメータのチェックを入れ、「ペースト」をクリックしましょう。

エフェクトのペーストに比べるとひと手間ありますが、チェックを入れていないエフェクトやパラメータはペースト先のクリップには反映されないので安心です

今回紹介したエフェクトのペーストとパラメータをペーストは編集時に良く使うツールだと思うので、ショートカットを覚えてプロジェクトに活用してみてください。

(MIKIO)

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Back to top button