ガジェット

手触りが良い!iPhone 12向けのApple純正レザーケースを購入してみた!

2020年10月に発表されたiPhone 12はエントリーモデルの他、サイズを小さくしたiPhone 12 mini、三眼レンズやLiDAR、Apple ProRAWなどが搭載されたハイエンドモデル、iPhone 12 Proシリーズが販売されています。

4種類のサイズがあるiPhone 12のリリースの他にもワイヤレス充電のMagSafeに対応した数々のアクセサリーも提供されています。

充電器やクレジットカードなどを入れることが出来るウォレットなどがありますが、今回はiPhone 12 Pro Max向けのレザーケースを入手したので、どんな感じなのか紹介したいと思います。

iPhone 12のガラス背面は従来と同じなので注意が必要

iPhone 12になってからはこれまでのガラスに比べて、耐落下の強度が4倍向上したCeramic Shield(セラミックシールド)が搭載されており、より傷や衝撃に強くなりましたが、あくまでも全面のディスプレイ部分になります

背面に搭載されているガラスはiPhone 11と同じものになっているため、ポケットに入れている時に傷をつけてしまったり、落としてしまうことでボディのガラスを割ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

筆者はiPhone 5までずっと何もつけない状態が好きだったのですが、iPhone 7のジェットブラックを始め、近年のiPhoneは非常にデリケートになっているということもあり、今回iPhone 12 Pro Maxに切り替えるタイミングで純正のレザーケースを購入することにしました

Advertisements

相変わらず高いが、質感が良いレザーケース

iPhone向けのケースはシリコンやフリップケースなど様々ありますが、iPhone 6の赤のレザーケースをプレゼントされてから純正のレザーケースを好むようになりました。

今回も同じくAppleの純正ケース「MagSafe対応iPhone 12 Pro Maxレザーケース 」のレッド(Product RED)を購入。

税別6,800円と価格が高めのケースになります。色はレッドの他にもバルティックブルー、カリフォルニアポピー、サドルブラウン、ブラックの5種類が販売されています。

箱から取り出したケースはこのような感じ。レッドだとiPhone 7、iPhone 6のものに比べるとより明るい赤になっていました。

ケースを裏返すとMagSafeとして機能する部分に円形のフィルムが貼られています。

iPhoneをケースに取り付けると画面にケースが装着されたアニメーションと「ピコーン」という通知音がなります。かっこいい演出ですが、特に機能が追加されるわけではありません。

パシフィックブルーのiPhone 12 Pro Maxとレッドのレザーケースの組み合わせはいい感じに。基本的にどの色の組み合わせでも問題ないと思います

左右にあるボタンは押し心地も問題なく、レザーケースは手に馴染むような肌触りで高級感もありました。iPhoneをケース無しで使うよりもグリップはあるものの、手汗など手が濡れている時などだと滑りやすくなるので注意しましょう

純正のケースの中ではベスト。しかし、汚れや傷に注意

Apple純正のレザーケースはシリコンケースなどに比べれば満足感のあるケースになるとは思いますが、革の性質上汚れやすく、衝撃や引っかき傷によって革の部分が剥がれてしまいます

普通に使っていても気づかないうちに、汚れや傷ができてしまいます。一度ついた汚れはなかなか落ちないので、それらが気になる方は覚悟したほうが良いでしょう

筆者が2年半使用していたiPhone 7 Plusのケースもこのような感じに。使い続ければケースも年季の入ったものになるので、これはこれでアリなのかもしれません

また、ケースの下の部分が埋まったことで全体的なデザインとしては良くなりましたが、ケースからiPhoneを取り出しづらくなっているため、落とさないように注意しましょう

iPhoneをケースつけずに使うのも良いですが、おしゃれなケースを探している方は今回ご紹介した純正のレザーケースを検討してみてはいかがですか?

(MIKIO)

Additional Photos: Denis Cherkashin, Bagus Hernawan

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Back to top button