セブ島情報フィリピン・セブ島情報フィリピン・セブ島留学ローカルライフ

アヤラモールにあるメトロのスーパーマケットにはどんな日本の食材が買えるの?

フィリピンでの生活が長くなってくると、日本の食材やお菓子が恋しくなりますよね。

セブ市内やマクタン島には日本の食材を専門に扱う、町屋マートなどのショップが存在していますが、ロケーションによってはアクセスが不便な所にあったりするので、出来ればモールで買い物を済ませたいと思う方もいると思います。

セブ島ではアヤラモールやSMモールに行くと、「International Foods」と書かれた世界各国の調味料や食材を集めたコーナーが用意されているのですが、つい最近アヤラモール内に再オープンしたメトロのスーパーマーケットにはどういう日本の食材が提供されているのでしょうか?

アヤラモールにはアヤラモールの他に高級百貨店のルスタンス(Rustan’s)と中流層向けのメトロモール(Metro Mall)の3つありますが、2018年の1月に大規模火災によってメトロモールが閉鎖しました。

関連記事: ショッピングはどこがオススメ?セブ島にあるモールをチェックしてみよう!

しかし、数カ月の期間を経て2018年の5月頃にアヤラモール1階に新しくメトロモールのスーパーマーケットがオープンしました。同じ敷地内にあるルスタンスにもスーパーはあるものの、値段が少し高めで品揃えも少ないので、現地のフィリピン人はそちらはあまり多く利用されません。

また日本の調味料やお菓子といった商品もルスタンスのものと比べてみると、メトロモールの方が色々揃っていたりします。

さて、スーパーマーケットには一体どういう日本の商品が揃っているのでしょうか。エントランスに入って中央から左側の約2段目に世界各国の食材を集めたコーナーがあり、その3分1位が日本の商品になっています。

取り揃えられているものは基本的に調味料、お菓子、ドリンクなどといったもの。インスタントラーメンなどは用意されていますが、レトルトカレーなどは無いので、基本的にスーパーで野菜や肉などの食材を買って、ここで調味料を入手する様なイメージになるかと思います。

調味料では日本料理には欠かせない本みりんや料理酒、お酢やほんだしなどがあります。マヨネーズは英語であるものの、「Japanese Mayonnaise」と書かれたものであれば日本のキューピーマヨネーズと同じものです。

ここで見つけられない場合は、マヨネーズのコーナーをチェックするとフィリピンの商品と並んで置いてある場合があります。これは醤油も同じで、キッコーマンの商品はフィリピンでも主流なので、「Soy Sauce」のコーナーに置いてある事が多いです。

カレーは今回ゴールデンカレーが置いてありましたが、日によってはこくまろカレーやバーモントカレーを見つけることが出来ます。

またふりかけの他にチャーハンの元が多く用意されているのは嬉しいところ。そこまで高くないので、一つ買っておいても損は無いと思います。

インスタントラーメンはフィリピン人に人気のある日清カップヌードル、シーフード味が商品棚のスペースを支配していました。

他にも焼きそばやサッポロ一番の塩または味噌ラーメンがありますが、一つ395ペソ(約823円)と日本の2倍の価格になっています。そのため、フィリピンでラーメンを食べる場合は日本から持ってくることをオススメします。

お菓子類はそこまで多くなく、プリッツやポッキー、とんがりコーンなどの商品がありました。オレオ抹茶味があるように、抹茶フレーバーの商品もいくつか見つけることが出来ます。こちらも日によって取り揃えている商品が変わる事が多いです。

最後はドリンク類。意外にもお酒の種類が多く、もぎたてやストロング、こくしぼりなどのチューハイが目立っていました。こちらも日本の2倍の価格ではあるものの、サンミゲルなどのアルコールに飽きたらチェックしておくのも良いと思います。

ノンアルコールでは缶コーヒーやイチゴミルク、午後の紅茶やおーいお茶などが用意されていますが、以前紹介した茶裏王や午後の紅茶に似た現地の商品があるので、わざわざ買わなくても良いような商品だと思います。しかしまれに三ツ矢サイダーなどの商品も置いてあったりします。

前述した町屋マートなどの専門店に比べると商品は少ないものの、生鮮食品と合わせて購入しておきたいという方は必要なものはある程度揃っていると思うのでオススメです。

機会があれば今度はSMモールのスーパーやルスタンスのコーナーも紹介してみたいと思います!

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close