セブ島情報フィリピン・セブ島情報観光

セブ島で最大のお祭り、シヌログ祭り(Sinulog Festival)とはどういうもの?うまく楽しむコツ

フィリピンの観光といえば主にビーチなどの海水浴やスクーバーダイビングなどのウォーターアクティビティをイメージする方も多いと思いますが、カトリックが昔から信仰されているこの国では数多くの古い教会が点在しており、観光地としても有名なものが多いです

そんなセブ島でもサント・ニーニョ教会(Basilica del Santo Niño)はフィリピンで一番古いカトリック教会と言われており、そこで祀られるイエス・キリストの幼少時代であるサント・ニーニョ(Sto.Niño)を祝う祭りとしてシヌログ祭り(Sinulog Festival)が毎年1月に開催されます。

シヌログ祭りまたはシヌログ祭りは毎年100-200万人がフィリピン国内のみならず、国外観光客が訪れるセブ島で最大のお祭りになっています。来場者が増えていくにつれて、シヌログ祭りの形も少しずつ変化していきますが、サント・ニーニョを手に持って踊るというグランドパレードは昔から変わりません。

シヌログ祭りの起源

その昔、世界周航を目指していたフェルディナンド・マゼランが率いるマゼラン艦隊は1521年にフィリピンに上陸しました。

その時当時はマレー系の人々が多く暮らしていたためイスラム教が一般的でしたが、マゼランによる改宗により、セブ島の各地で領土を持っていた王(首長)の助けもあって、多くに人々がカトリックになりました。

その際にセブ島を支配していたフマボン王(ラージャ・フマボン)の妻であるハラ・アミハン(Hara Amihan)、後のフアナ女王にマゼランからサント・ニーニョ像が送られました。フアナ女王は感謝と喜びの踊りを始め、周囲の人たちも参加したことから、これがシヌログ祭りのルーツではないかと言われています。

シヌログ祭りの内容

毎年1月に行われるシヌログ祭りは決まった日付は無いものの、1月第2週の木曜日から第3週の日曜日の約1週間がシヌログ祭りとされています。

最終日である第3週目の日曜日ではセブ市内を踊っていくグランドパレードが行われるので、この日が一番盛り上がるのですが、その日にかけてサント・ニーニョ教会では9日間のミサであるノヴェナ(9 Days of Novena)が行われたり、グランドパレード数日前にはろうそくを持ってセブ市内を大行進するプロセッション(Procession)やマクタン島とセブ島の間をバンカーボートなどの船で渡る水上行進(Fluval Procession)が開催されます。

それまでは個人や学校などが中心に主催されていたので、規模は小さかったのですが、1980年代になると多くの企業が参加するようになった事で現在のような商業イベントに変化していきました。

シヌロググランドパレードを楽しむ

2019年のシヌロググランドパレードは1月20日の9:00から17:00に開催されます。

パレードのスタート地点はマンゴーストリートであるジェネラル・マキシロムアベニュー(General Maxillom Avenue)になっており、フエンテ・オスメニアサークル(Fuente Osmeña Oval)を通った後でプレジデント・オスメニアブルバール(Pres. Osmeña Blvd)を通って、シティ・スポーツセンター(City Sports Center)にてダンスのショーが行われます。

シティ・スポーツセンターまたは各大通りにある座席のチケットを購入しない限りは座って楽しむことが出来ないだけではなく、とにかく人が多く移動をするのにも一苦労なので、極力同じエリアでスタンバイすることをオススメします。

ちなみに筆者的にオススメのスタンバイロケーションはフエンテ・オスメニアサークルの近辺になります。

このエリアではパレードの中心になっているだけではなく、セブ州政府庁舎(キャピトル)に続く大通りが歩行者天国になっており動きやすく、近辺にはコンビニやトイレなどの施設があるためです。

そんなフエンテ。オスメニアサークルに行く方法が下記の通り。アヤラモールをスタート地点として、クイーンズロード(Queen’s Road)経由で行くルートです。この経由で向かう観光客は多いので、アヤラから行く際はそのグループと一緒についていくと良いかもしれません。

交通規制はあるものの、エスカリオ通りは通っているはずなので、セブ州政府庁舎付近までタクシーなどで移動して、そこからフエンテ・オスメニアサークルまで歩いていくというのも一つの手です。

パレードが見れるエリアまでたどり着くことができれば、あとは楽しむだけです!

ちなみにパレード内には通常中に入ることが出来ませんが、グランドパレードが開催される前にシティ・スポーツセンターに行くとパレード内を移動することが出来るメディア向けのIDを購入、入手する事が出来ます。

やや価格が高くなっている可能性はありますが、このIDを持つことによって至近距離で写真や動画を撮影したり、移動における混雑を避けることが出来ます。

グランドパレードで用意しておきたい持ち物、格好

基本的にシヌログ祭り開催中は雨季であるため、雨に見舞われる可能性があります。また現地新聞紙、Cebu Daily Newsによると今年からバックパックの持ち込みが禁止になっている場合があるため、必要最低限かつ軽装で行くことをオススメします。

シヌログ祭り中に持っておきたい物は下記の通り

  • 3,000ペソほどのお金(50ペソ、100ペソ、500ペソのように細かくする)
  • 帽子
  • 予備のシャツ
  • ティッシュまたはトイレットペーパー
  • ハンドタオル

イベント中、3,000ペソも使わないとは思いますが、この時期はどのATMに行っても現金が無い場合があるので、手元にやや多めのお金を用意しておくと良いです。また利用するお店によってはすぐにお釣りが用意できない事もあるので、細かいお金にしておくというのもオススメです。

また雨水に打たれたり、人混みの中でフェイスペイント、ボディペイントを塗ってる人にぶつかったりして服が汚れることもあるので、最悪捨てても良い格好で行くか、シヌログ用のシャツなどを着ていくとベストです。

注意するべきこと

年々来場者が増えていくにつれて、規制も厳しくなっています。

これまではグランドパレード付近のバーなどではストリートパーティーがあったのでたいへん盛り上がっていたのですが、2018年よりお酒の規制が入り、モバイルネットワークや通話、メッセージなどの通信規制が行われるので、連絡が取れにくい状況になります。

またスリなどの被害に遭うことも多いので、スマートフォンや財布、カメラなどといった貴重品は盗まれないようにバッグに南京錠をつけたり、移動の際はカバンを体の前に置いて、手でしっかりと守るなどの対策を行うようにしましょう。

友人などと一緒に行く場合はグランドパレード前に待ち合わせ場所と時間をしっかり決めて合流して、移動中にはぐれた場合は「10分たっても見つからなかったら、ここのジョリビーで落ち合う」のようにバックアッププランを立てておきましょう。

どういうスケジュールで楽しむ?

筆者的にシヌロググランドパレードを思いっきり楽しむには以下のスケジュールがオススメです。

  • 10:00 – アヤラモールに移動して友人と合流、朝食
  • 10:30 – シヌログのTシャツを購入して、着替える
  • 11:00 – アヤラ出発、フエンテ・オスメニアサークルへ
  • 11:30 – フエンテ・オスメニアサークル到着、パレードを楽しむ
  • 14:00 – 付近のショップでヘナタトゥーをつけてみる
  • 15:00 – 付近のカフェで休憩またはSMモールへ移動
  • 16:00 – モール内のイベントを見たり、ショッピングを楽しむ
  • 20:00 – モールの花火を楽しむ
  • 21:00 – 解散

時間は少し遅めでも良いですが、昼過ぎになるとより混雑がひどくなるので、早めに楽しんで早めにフエンテ・オスメニアサークルから抜けるというプランがベストかも知れません。またタクシーやGrabなどがなかなか捕まらない場合もあるので、帰りは最悪徒歩での移動を覚悟しておきましょう。

グランドパレード中はお酒が飲めなかったり、ストリートパーティーが禁止になっているので例年に比べると盛り上がり方が少し変わってきましたが、この時期にセブ島に来たらぜひ見て欲しいイベントなので、上記の注意点や楽しみ方を頭に入れておいて参加してみると良いですよ!

 

(MIKIO)

 

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close