セブ島情報フィリピン・セブ島情報観光

フィリピン航空で配られる「無料のトラベルSIMカード」の受け取り方・使い方。

海外の旅行先で携帯電話が使えず、困ったことはないでしょうか。もしくは、SNSが使えずにどかしい気持ちになったことはないでしょうか。

私はフィリピンに短期滞在中は携帯電話を使えるようにしているおかげもあって、日々ストレスのなく生活することができています。

よく海外に行く僕がやっていること、それは「現地のSIMカードを使う」ということ。

SIMフリーのスマホさえ持っておけば、縛られることなく海外のネットワークを利用することができます。日本の携帯電話各社が展開する、「海外でも1日〇〇円で使い放題サービス」の金額に怯えることもありません。

これは日本で格安携帯電話が流行りだす前から僕がしていたことです。

そして今回、僕は久々にフィリピンにやってきました。フィリピン航空を利用して驚いたのが、トラベルSIMカードを無料で貰えるというサービスだったのです。

これまで、こうしたサービスはしていなかったと記憶していたから、とても新鮮な気持ちになりました。そして「ラッキーだ」と僕は思ったのです。

最終的にはいつも使っていた携帯会社のSIMカード(Smartというフィリピンの通信会社)に買い替えましたが、LINEなどでの一時的な連絡手段の確保として、「無料のトラベルSIMカードは価値の高いもの」でした。

そこで今回は、これからセブ島へ旅行、もしくは留学する人のために、トラベルSIMカードの受け取り方・利用の仕方について書いておこうと思います。

このトラベルSIMカードは1日限りしか使えませんが、それでも十分だと感じたので、是非とも使ってみて欲しいです。

トラベルSIMの受け取り方・使い方

フィリピン航空の機内にて、入国カード・関税申告書と一緒に配られた、1枚の見覚えのないチラシを何気なくみていました。いつもは税関と入国カードの2枚だけなのに、もう1枚ついてきたのです。

その配られたチラシをよくよく見ると、「Free Travel SIM」と書いてありました。

最初はとても驚いたのですが、エキサイトセブで「観光客必見!セブパシフィック航空機内で無料で貰える携帯電話のSIMカードを使ってみた!」という記事を読んでから、これはあり得るのではないかと考えました。

▲ 配られた1枚のチラシ。ちゃんとFREEと書いてある。

普段からSIMフリーのiPhoneを使う僕は、この無料のSIMカードを一時的な連絡手段として利用させて貰おうと決めました。

 

1.フライト番号を記入する

配られたチラシを裏返しにすると、上部にフライトナンバーを書き込む空欄があります。まずはここに、乗っているフライトの番号を記入すること。

▲ ちゃんと各国の言葉に翻訳されていた。

 

2.Globeのブースに持っていく

税関を抜けたあとのすぐ左手に、Globeの小さなブースがあります。税関を通った後にブースまでいって、チラシを渡そしましょう。そうすると無愛想だけれど、ちゃんとSIMカードの入ったパッケージを渡してくれます。

▲ パッケージはこんな外観だ。

さっそく中身を開けてみた。下の写真の左上、赤い丸で囲った部分にSIMカードが付いています。

ちなみにブースでは、トラベルSIM以外にも、インターネットの使えるSIMカードを300ペソや500ペソで販売しています。しかし、この値段設定はちょっと高いので、街中で別のSIMカードを買ったほうが良いかもしれません。

SIMカードを手に入れたら、これを有効化(アクティベート)させていきます。

 

3.SIMを入れ替える

渡された袋からSIMカードを取り出して、持っている携帯に合わせてSIMカードを切り取りましょう。

そしたら、iPhoneのSIMカードを載せるトレイを取り出します。この時に、SIMのトレイについている防水用のゴムパッキンをなくさないように気をつけること。幸い僕のiPhone SEにはゴムパッキンがついていませんでした。

トレイを取り出す際には、iPhone専用の細い棒が必要になる。海外に行く際には必ず持って行くようにしてください。

▲ iPhoneのケースに付属しているピン。

もしも忘れた場合は、ブースの人がやってくれる可能性もあるので、とにかく聞いてみるのもありですね。

 

前回フィリピンに来た時は、マニラの空港にあった携帯電話会社のブースの人にSIMカードを交換してもらった記憶があります。SIMカードをトレイにのせて準備ができたら、SIMカードをiPhoneの右横に挿し込んでください。

挿し込んだ後、少ししたら番号が認識されるようになるはず。番号が認識されたら、最後の手順である「携帯番号の有効化」させる作業をしていきます。

 

4.8080にMABUHAYと送る

SIMカードを挿し込んで認識された後、ショートメッセージ(SMS)から、宛先を8080として、本文に「MABUHAY」と打ち込んでメッセージを送信しましょう。

有効化された番号からメッセージを送ることによって、携帯会社で番号が認識され、トラベルSIMカードの特典が利用可能となる仕組みです。

 

SIMカードを差し込むだけだと上手く機能しないので、メッセージの送信を忘れないようにしてください。

以下、フィリピン航空の機内で配られたSIMカードの内容をまとめてみました。

  • Globe同士の通話が無制限で無料
  • SMSは20通までが無料
  • 15MBのデータ通信が無料

これらの中でも3つ目の15MBのデータ通信が特に嬉しいですね。フィリピンに着いて早々にラインやSNSが使えるのは、かなり使い勝手のいいものです。15MBしか使えませんが、LINEならこの容量でも十分に使うことができます。

 

旅行好きこそSIMフリーのスマホを持つべき

トラベルSIMカードを使うには、SIMフリーの携帯を持ち歩く必要があります。

機器を一括で買ったりするのは、少し抵抗があるかもしれませんが、SIMフリーの携帯電話を持つというメリットは計り知ることができません。

もちろん海外だけではなく日本でも、その恩恵はかなりあるのです。

例えば携帯の格安のサービスを提供するMVMO(格安SIMカード)を使うことができるようになります。各種の制限はあるものの、こういったサービスを利用すれば1ヶ月の携帯代金が2,000円以内に収まることもあるのです。

 

私は「Y! mobile」を日本では利用していますが、料金は使い放題のWiFiルーターと合わせて月々5,600円くらい。

毎月高い金額を携帯会社に「納める」ことよりも、安いものに乗り換えて賢く使ったほうが、全体としてかかる費用も少なくなるからオススメです。

 

SIMフリーのスマホは、銀座のアップルストアで購入しました。

実をいうとiPhone SEは、かなり値段が安く手に入れやすいのでオススメです。アップルストアで購入すれば、海外に行った時でも現地のSIMカードを挿して使うことができます。

スペースグレイの128GBの値段は50,800円、かなりお手頃価格だとおもいませんか?

しかもスペックはiPhone 6sとあまり変わらないので、初めてのSIMフリーとしてかなりオススメできます。

現地で使えるWiFiに数千円かけるよりも、1週間の携帯代は500円いかないくらい(SIMカードの購入費込)フィリピンのSIMカードを使うほうが費用を安く抑えることができます。

抑えたコストで食事やマッサージ、ショッピングを楽しんだほうが、ずっと賢い利用方法ではないでしょうか。

 

フィリピンのサービスが向上している

これまでジェットスターや大韓航空を利用していたが、久々に利用したフィリピン航空は、以前に比べてサービスの質がかなり向上したと感じました。なんとフィリピン航空は、客室乗務員のサービスにおいて東南アジア系のエアラインの第4位になっていたのです。

機材は古いけれども、機内で受けるサービスは一流でした。

ィリピンが国を挙げて、観光業にチカラを入れているのがよく分かります。とにかく、今回の旅行者用のSIMカードを無料で配布するサービスは本当に良いと感じました。

 

SIMカードが手に入れば、現地の友人にすぐ連絡送れるし、心配する家族への安否の連絡にも役立ちます。

初めて海外に行く人、卒業旅行で友人に自慢したい人、語学学校やホテルのピックアップが上手く行かなかった人、それぞれにメリットのあるサービスではないでしょうか。

ぜひとも、多くの人に利用してもらいたいと考えて、「フィリピン航空で配られる「無料のトラベルSIMカード」の受け取り方・使い方」をまとめてみました。

これからフィリピンへ行く人に、ぜひとも活用してもらいたいと思います。

 

(Hiro)

転載元: ボヘミアン英語術 – フィリピン航空で配られる「無料のトラベルSIMカード」の受け取り方・使い方。

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

Hiro

ボヘミアン英語術(bohemian-english.com)の運営者で都内のIT企業でプログラマーとして働きながら、ブログやアフィリエイトなどの執筆活動を展開しています。海外が好きすぎてカナダ、フィリピン、ニュージーランドの3カ国へ留学しました。個人ブログ「linestocker.com」も運営中。

関連記事

Close
Close