フィリピン・セブ島情報レストラン

長蛇の列が出来るほど大人気のTurks(タークス)で美味しいドネルケバブを食べてみよう!

以前、キュリオシーンではシャワルマ(Shawarma)がフィリピンで良く食べられる軽食の一つだと紹介しましたが、シャワルマとほぼ同じのドネルケバブ(Doner Kebab)もその手軽さから人気があり、モールなどではブース式のお店が多くあります。

中でもここ最近人気上昇中のお店がTurks(タークス)というもの。他のシャワルマ店に比べ食材や味にこだわりを持ち、価格は他のお店と同じくらい事から行列ができるほど人気のお店になっています。

ドネルケバブは日本でも路上で販売されていることの多いメニューの一つですよね。

ここフィリピンでも同じようにピタパンに巻かれたものを使用していたり、ケバブをお米にミックスしたフライドライスにしたものや、麺と絡めて焼きそば風にするなど、お店によって色々なアレンジがされています。

シャワルマやドネルケバブは使う食材によって変わってくるので、本来は違う料理の扱いなのですが、フィリピンでは名前は違えど使っている食材がほぼ同じなので、同じものと考えて良いと思います。

今回紹介するTurks(タークス)もそんなドネルケバブを販売しているお店です。名前はケバブの発祥地であるトルコから来ており、2007年にマニラで小さいお店からスタートしたものがここ10年で80店舗以上展開するお店になりました。

主にモールなどの商業施設に小さいブースのお店として営業している所が多く、ピタパンで巻かれたケバブを販売している所がほとんどですが、お店によっては一般的なレストランと同じく規模の大きい所もあります。レストランとして営業しているところはご飯物も取り扱っているのが特徴的です。

セブ島ではセブ市内であればアヤラモール、SMシーサイドシティモール、SMシティセブモール、エリザベスモール、マンダウエ市であれはパークモール、Jセンターモール、コロナード・スーパーマーケットなどで見つけることが出来ます。

今回はアヤラモールのお店に訪れてみました。お店の位置は3階のアクティブゾーン(Active Zone)のエントランス付近で、近くにはジャパニーズレストランの來來軒(Rai Rai Ken)やカサベルデがあるので、簡単に見つかると思います。

この日は日曜日のお昼頃で既に多くの人達が並んでいましたが、提供時間は比較的早いため列が長い時でも10分程度の待ち時間でした。

ブース式のお店はピタパンで巻かれたサンドイッチメニューしか提供されていません。本来チキンとビーフの2種類なのですが、チキンの方は基本的に売り切れか取り揃えていない場合があるので、ビーフのみと考えるのが良いかもしれません。

一番人気のビーフ・ピタドナー(Beef Pita Doner)60ペソ(約122円)。これにチェダーチーズを付け加える場合は15ペソ(約30円)になります。

ショーケースには既に食材が並べられており、店員さんがピタパンをホットサンドメーカーに入れて加熱をした後に、玉ねぎときゅうり、そしてビーフを足していきます。そしてソースを2種類掛けた後で、「スパイシー?(Spicy?)」と聞いてくるので、辛めが良い方は「Yes」などと答えてると良いでしょう。

出来あがったドネルケバブはこのような感じ。大量の肉に緑の野菜が入っているので食欲を注いでくれます。

生地はやや甘めでもちもちとしており、フィリピンで見つけられる軽食スタイルのケバブ店では一番でした。まるでピザを食べているような感覚になります。

お肉は様々なスパイスが入っており、クセのない味になっていました。ただお肉も甘めなので、てりやき味に近い感じです。またこの肉は比較的ベトベトなので、一緒に入っているきゅうりや玉ねぎのシャキシャキとした食感とサッパリとした味付けがバランスを作ってくれました。

食べる際もこのように切れ込みがあるパッケージなので、手を汚すこと無く食べれるのが嬉しいところ。

基本的にそのままでも美味しいですが、やはり甘めなので、まだ物足りないと感じる方はチェダーチーズやスパイシーソースを掛ける事をオススメします。

100ペソ未満で食べられる軽食にしては満足度が高いため、フィリピンで人気なのが伺えます。10分程度待つ必要があるものの、試してみて損はないのでモールなどに訪れる時はぜひTurksをチェックしてみてはいかがですか?

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close