セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

美味しいシーフードとフィリピン料理が楽しめるSTK ta Bay!(STK・タ・バイ!)

セブ島に来たらフィリピン料理を食べてみることをオススメしますが、セブ島を含むビサヤ諸島やその下にあるミンダナオ島ではフィリピンの中でも美味しい海産物が良く取れるエリアとして有名であるため、シーフードもぜひ食べて欲しいものの一つです。

中でもチェックして欲しい所がSTK ta Bay!(STK・タ・バイ!)です。観光客のみならず、現地に住むフィリピン人が口を揃えて美味しいという、シーフードとフィリピン料理を楽しめるレストランです。

STK ta Bay!(STK・タ・バイ!)の名前で使われているSTKというのはフィリピンを代表する調理方法の、Sugba(スグバ)=グリル、Tula(トゥラ)=煮込む、Kinilaw(キニラウ)=刺身の頭文字から取られています。

またその後に続く「ta Bay!」はビサヤ語で「〜しようぜ、兄弟」を意味する「ta Bai」に湾や入り江を意味する「Bay」に引っ掛けているのではないかと思います。

STK ta Bay!はセブ市内のカピトル地区で見つけることが出来ます。ホテルエイシア(Hotel Asia)から徒歩5分程度で、住宅が集まるところなので少しわかりにくいものの、タクシードライバーのほとんどは知っている有名なレストランなので、店名を伝えれば連れて行ってくれます。

店舗はカピトル地区にある本店と、SMシティセブモールの地下1階の2店舗あります。

中でも本店の方は特に混み合い、ウォークインだとピーク時は待たされる事になるため、予約を事前にしておくことをオススメします。

レストランの外観はこのような感じ。家をレストランに改装したようなイメージになっています。

道路を挟んだ所にもSTK ta Bay!のサイネージがありますが、レストランを増設したエリアになっています。

内装はレトロチックな家具や置物などが多く、まるで博物館に来ているかのような感じにさせてくれます。

一般的なレストランに比べて室内の構造が複雑になっているのは、元々家だったものをレストランに改装したため。本来リビングルームや部屋のあった所にドアなどを取り外し、テーブル等を置いているので、迷路のような作りになっているのです。

フィリピンの有名なセレブや政治家もこのレストランを良く利用する事から、写真やサイン入りの小皿が飾られていました。

このお店のメニューはどれも美味しいので、可能であれば全部試して欲しい所ですが、中でもオススメなのがTuna Panga(ツナ・パンガ)というもの。写真を見ればわかると思いますが、マグロのカマです。

甘いタレをたっぷり塗ったマグロのカマは風味が豊かで、マグロの肉がとても柔らかかったです。肉身よりも骨のほうが多い部位であるものの、肉が隠れている所もあるので、突っついたり骨部分を剥がしたりして食べていくと良いでしょう。

ちなみに価格はDOS、Depend on Seasonという事なので、シーズンによって価格が変わってきます。筆者がオーダーした際は450ペソ(約917円)でした。

またマグロのカマにピッタリ合うものがガーリックライス。

他のお店のガーリックライスと違うのが、甘めになっているということ。そこまで強い甘さではなくバターガーリックまたはタレを少しミックスしたようなイメージで、ガーリックライス単体でも美味しいと思える一品でした。

こちらはBaked Scallop(ベイクド・スカロップ)140ペソ(約280円)

ホタテ貝にバターガーリック、そして少量のチーズを加えたもの。日本のホタテ貝に比べるとサイズはやや小さめであるものの、プリプリとした食感と程よい甘さはベストマッチで美味しかったです。

価格も比較的安いので、2つくらいオーダーしておいても良いかもしれません。

野菜メニューが欲しいという方は、Pinakbet(ピナクベット)をオーダーしてみると良いでしょう。価格は245ペソ(約499円)。

ゴーヤとかぼちゃ、ナス、玉ねぎ、おくら、さやいんげんの入った野菜炒めです。こちらも少し甘めの味付けになっており、ご飯が進む一品です。

このメニューを色々なレストランで食べてきましたが、油が少ないのと、味もそこまで強くなかったので、筆者的にセブ島にあるピナクベットで一番美味しいと思いました。

もう一つオススメなのが、Kinilaw w/ Gata(キニラウ・ウィズ・ガタ)というもの。価格は250ペソ(約500円)。

キニラウは白身魚を使ってお酢に漬けた刺身料理。一般的にはお酢をメインに使うため、半透明なスープになっているのですが、こちらはココナッツミルクを付け足しているため、アッサリとしていながらマイルドな味付けになっているのが特徴的です。口直しにぴったりなメニューだったりします。

他にもカニやイカ、ラプ=ラプなどの海産物も提供されており、こちらもマグロのカマと同じように季節によって価格が変動します。

アクセスが少し不便なロケーションではあるものの、博物館のような内装と皆が美味しいと口揃えて言うこのレストランは楽しめること間違い無しなので、ぜひセブ島に来たらチェックしてみてはいかがですか?

 

STK ta Bay!(STK・タ・バイ!)

ロケーション: カピトル地区SMシティセブモール1階
営業時間: 9:00-15:00、17:00-22:00
電話番号: (032) 253-4732(本店)

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close