セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

アヤラモールでお好み焼きが食べたくなったら、幸(Sachi)をチェックしてみよう!

フィリピンでは数年前から日本食が大人気。これまでにとんかつ、とんこつラーメンに続きお好み焼きのブームが来ており、マニラを中心にお好み焼きチェーン店で有名な道頓堀がマニラに上陸するなど、しばらく経った今でも賑わいを見せています。

セブ島には残念ながら道頓堀は展開されていないものの、お好み焼きを食べれる日本料理店はいくつか存在しています。今回ご紹介する幸(Sachi)もその一つで、フィリピン人を中心に人気のあるレストランです。

幸(Sachi)マンダウエ市のカバンカラン(Cabancalan)の本店を初め、マクタン島やアヤラモールなどで展開している日本料理店です。既に4店舗ありますが、ITパークに新しく出来たエリアにも新店舗がオープン予定です。

現在ある4店舗のうち、一番アクセスがしやすいお店がアヤラモールにあるお店。新館の屋上エリアで見つけることが出来ます。

ディナータイムは混み合うことが多く、時間帯によって待たされる事があるかもしれませんが、ランチタイムや18時前であれば比較的空いていると思うので、時間をずらしてみるのもアリかもしれません。

内装は日本らしさをふんだんに出したデザインになっており、天井には提灯がぶら下がっていたり、五重塔と鳥居の絵や、富士山や京都、大阪などの観光地の写真が壁にありました。

こちらで提供されているメニューはベストセラーのお好み焼き類の他にラーメン、ご飯物、一品料理が用意されています。

一品料理には枝豆や餃子などお酒に合うものは用意されているものの、アヤラモール店ではお酒は用意されていませんでした。マンダウエ市の本店であればサン・ミゲルピルセンやライトといったビールが提供されているので、お酒を飲みながら楽しみたい方はマンダウエ店がオススメです。

幸で提供されているお好み焼きは関西風ですが、広島風に近い幸スペシャル(Sachi Special)と麺を下に敷いて焼くスタイルのモダン焼きを見つけることが出来ます。焼き方やトッピングの組み合わせによって値段が少しずつ変わってくるので、好みのメニューを探してみると良いですよ!

今回筆者がオーダーしてみたものが幸スペシャルのポーク、ガーリック、チーズ、卵の組み合わせ。価格は240ペソ(約495円)。

広島風お好み焼きに近い作りになっており、薄く焼いた生地にソースで味付けされた焼きそばが入っていました。生地が柔らかく、焼きそばとの相性がピッタリで、にんにくとチーズは良いアクセントになっており美味しかったです。

ただ焼きそばに入っているソースが多めに入っていることもあるので、人によっては濃い味付けになっていると感じる方もいるかもしれません。

次はラーメンのオススメメニューにもなっている担々麺(Tantan Men)価格は290ペソ(約598円)。

ラー油と甜麺醤のコクが良く効いたスープになっており、喉を刺激するピリ辛さがあるラーメンです。一般的な担々麺に比べるとあっさり目ですが、中に入っている肉味噌を混ぜることでよりコクが出てくるので、まずはミックスせずに食べてみると良いでしょう。

麺は自家製のもので、コシは弱いものの担々麺のスープと上手く絡んでいるので美味しいです。唯一残念なところはスープが少しぬるい事でしょうか。でも300ペソ未満で食べれるラーメンと考えれば満足できるかもしれません。

最後は締めにも良いチャーシュー丼(Chashu Don)です。価格は単品で150ペソ(約309ペソ)味噌汁付きで170ペソ(約351ペソ)。

肉厚かつ肉多めのチャーシュー丼はコスパ最強のメニュー。男性だと少し足りないかもしれませんが、女性であればこれ一つでお腹いっぱいになると思います。

甘いタレを使用しており美味しいのですが、タレの量がもう少し多めで、チャーシューにジューシーさがあれば良いかもしれません。しかし価格のことを考えてみれば十分に満足できるメニューになっていると思います。

 

こちらのレストランはサクッと日本料理が楽しめるレストランだけではなく、価格もそこまで高くない上に美味しい料理を楽しめるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう!

 

幸(Sachi Authentic Japanese Ramen And Okonomiyaki)

ロケーション: マクタン島アヤラモールマンダウエ市パークモール(出店)
営業時間: 11:00-23:00(マクタン店・マンダウエ店:11:00-14:00/17:30-22:00)

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close