セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

フィリピン人に大人気のラーメン店、優勝軒(Yushoken)で豚骨ラーメンやつけ麺を楽しもう!

2014年頃からフィリピンでは豚骨ラーメンがブームとなり、マニラを中心に数多くのラーメン店が登場しました。

そんなセブ島でも昔からあるラーメン店のほか、ブームに乗っかる感じで色々なお店がオープンし、ブームが去りつつある現在でも、フィリピン人や現地に住む日本人に良く利用されるお店が多くあります。

今回紹介する優勝軒(Yushoken)というお店もセブ島では人気の高いラーメン店の一つで、平日週末問わず、常に多くの人達で賑わっているレストランです。

優勝軒は「つけ麺の元祖」、「つけ麺の生みの親」として知られている山岸一雄氏が創業した「東池袋大勝軒」と系列のお店です。マニラではアラバン、セブ島ではASフォーチュナストリート(AS Fortuna Street)にある商業施設のOakridge(オークリッジ)内にあり、フィリピン国内では2店舗しかないようです。

お店はこのように「優勝軒」と書かれた大きな看板が置いてあり、中も高級感のあるオシャレな内装になっていました。

人気のあるお店であるため、平日、週末のランチやディナー関係なく人が多く訪れており、お店に入ったらしばらく待つ必要が出てくる場合があります。筆者はこれまでにセブ島にある色々なラーメン店を試してみましたが、人が並ぶほどのお店はここ位だったので、その人気度が伺えます。

4人座れるテーブル席のほか、調理エリアが目の前にあるバー席、そして椅子が少し高めのカウンター席が用意されてありました。2階へ続く階段もありますが、こちらはトイレのみなので、席は1階にしかありません。

メニューは豚骨ベースの通常のラーメンのほか、大勝軒でもおなじみのつけ麺、そして油そばといったラーメンを楽しむことが出来ます。またお腹いっぱい食べたいという方はサイドディッシュをオーダーするのもオススメ。こちらでは餃子や唐揚げ、チャーハンなどが提供されていました。

今回筆者がオーダーしたメニューはShoyu(醤油)、価格は400ペソ(約829円)。

濃厚な豚骨に醤油の風味がうまいことブレンドしたこってりなメニューになっていました。中にはチャーシュー、きくらげ、ネギと白ごまが入っています。

スープには黒いマー油が入っており、全体的にクリーミーな感じであるため麺によく絡みます。そのためラーメンではなくパスタを食べているような感覚にさせてくれるため、フィリピン人にも人気なのでしょうね。

麺はコシがあってそこそこ量はありますが、ガッツリと食べたいという方は替え玉をオーダーするというのも一つおすすめです。

価格は80ペソ(約165円)程度とやや高いものの、満足度は高いと思うので、オーダーしておいても損はないと思います。

こちらのメニューで筆者的ポイントが高いと感じられたのがチャーシューです。甘さと旨味加減が絶妙で更に口の中で溶けるような柔らかさになっており、そのままでも美味しいと思えたものになっていました。

セブ島でも人気の高いラーメン店であるため、待ち時間はどうしても出てしまいますが、来て良かったと思えるようなレストランになると思うので、豚骨ベースのラーメンが好きな方や濃厚なラーメンを楽しみたい方はぜひ、こちらの優勝軒に訪れてみると良いでしょう!

Ramen Yushoken(優勝軒)

ロケーション: オークリッジ、ASフォーチュナ
営業時間: 11:00-23:00

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close