フィリピン・セブ島情報レストラン

たったの150ペソで、美味しいラーメンが楽しめるRamen Dojo(らーめんどうじょう)

セブ島では数年前にあったフィリピンのラーメンブームもあったことから、日本人が監修する本格的なものやフィリピン人の口に合うように改良されたものまで、数多くのラーメン店を見つける事が出来ます。

日本と違ってフィリピンでのラーメンのイメージは日本料理としてカテゴライズされてしまうため、平均価格が300ペソ(約611円)と現地の人からしたら敷居が高めになっているのですが、ITパークやSMシティモール、ロビンソンガレリアなどで展開しているRamen Dojo(らーめんどうじょう)というレストランではたったの150ペソ(約305円)で提供しているラーメンがあるという事はご存知だったでしょうか?

フィリピンはセブ島をはじめ、2015年頃から豚骨ラーメンを中心としたラーメンブームが起きました。

ラーメンブームがきっかけになったのは豚骨の味がフィリピン人の口にあっただけではなく、それまで日本料理店のみで提供されていたラーメンが専門店としてオープンしたことで入りやすくなったという理由があります。

しかし、ラーメン1杯の価格はどのお店でも大体300ペソとなっていました。

そのため、フィリピン人の感覚からしてしまうと手軽に食べられる価格ではない上に、お店によってはメニューが多い場合もあるので、初心者からしたら入りにくいと感じる方もいます。

それらの問題を解消しようとしたのが、今回紹介するRamen Dojo(らーめんどうじょう)です。

8種類のラーメンを取り揃えながら、どのラーメンでも一律150ペソ(約350円)から提供されており、安さだけではなく本格的なラーメンが楽しめるお店になっているのです。

こちらのRamen DojoではSMシティセブモール内のノースウィングITパークのThe Walk、そしてフエンテサークルにあるロビンソンガレリアの3店舗で展開しています。今回筆者はSMシティセブモール内の店舗に訪れてみました。

SMモールの店舗はノースウィングの2階に位置します。アップル製品などを取り扱うiStoreから近いので、見つからない場合はガードマンにiStoreの場所を聞くと良いでしょう。

ファーストフード店の様にオープンな作りで、木材をふんだんに使った内装になっています。

壁には漫画のような絵が書いてあったりとジャパニーズ感を演出している所も面白く感じられると思います。

Ramen Dojoではカウンターでのオーダー形式になるため、先にカウンターで会計を済ませます。

提供されているラーメンはチキン(鶏白湯)ポーク(豚骨)ビーフ(醤油)スパイシー(担々麺)シュリンプ(海老味噌)味噌ミックスシーフード(ちゃんぽん)スパイシーシチュアン(四川)の8種類。これら全て150ペソです。

今回は豚骨であるポークと、醤油ベースのビーフをオーダーしました。

ポークラーメンにはチャーシュー、紅しょうが、きくらげ、ネギ、メンマが入っていました。

スープはセブ島のラーメン店でほとんど提供されているこってりな豚骨スープでは無く、あっさりとしたものになっていて美味しかったです。

ビーフラーメンは醤油ベースの牛肉を使用したラーメンです。

牛肉とラーメンは日本ではあまりメジャーではない組み合わせですが、それなりに美味しいものになっていました。

イメージ的には醤油ラーメンにフィリピンのビーフヌードルをミックスさせた様なメニューで、味は少し濃い目になっていました。

麺はコシが少し弱いものの、日本とはあまり変わりないちぢれ麺が使われていました。

ラーメンの他にもチャーハンやチャーシュー丼、照り焼きチキン丼のライスメニューや餃子、焼きそばといった単品メニューもオーダーする事が可能です。

こちらはチャーハン。単品でオーダーする際は90ペソ(約183円)

そのまま食べると味が薄いと感じてしまうものの、ラーメンの組み合わせによっては濃いスープとマッチすると思うので、ガッツリ食べたいという方はセットメニューでオーダーすると良いでしょう。

そしてサイドディッシュの定番である餃子。

こちらも比較的控えめな味付けになっていますが、チャーハン同様味の濃いラーメンとの組み合わせだとより美味しく感じられます。

ちなみにセットメニューは色々な組み合わせが用意されてありますが、チャーハン&餃子セットで300ペソ(約610円)のお手頃価格になるので、オススメです。

Ramen Dojoで提供されているラーメンは少し具が足りないと感じるかもしれませんが、1杯150ペソだと考えれば値段相応になるので、コスパは断然良いです。味玉や替え玉も用意されているので、必要であれば追加オーダーしておきましょう!

筆者的におすすめのラーメンはポーク、チキン、スパイシーの3種類です。

サイドディッシュにも良く合うだけではなく、日本のラーメンとほぼおなじ味付けになっているので、とりあえず何かオーダーしてみたい!という方はその3種類から選んでみると良いでしょう。

コスパ最強で美味しいラーメンが食べられる、Ramen Dojo(らーめんどうじょう)をぜひチェックしてみてくださいね!

 

Ramen Dojo(らーめんどうじょう)

店舗: ITパーク(The Walk)SMシティセブモールロビンソンガレリア

営業時間: 10:00-21:00(-0:00/ITパーク)

 

(MIKIO)

 

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close