セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

自分好みのピザを作っちゃおう!好きなトッピングでピザを作ってくれるPizza Republic(ピザリパブリック)

日本では少し高級なイメージがあるピザですが、フィリピンではファーストフード感覚で早くてお手頃な価格でピザを楽しむことが出来ます。

フィリピンでは日本にもあるピザハットやドミノピザを始め、イタリア人やフィリピン人が経営するピザ専門店が多く点在しており、筆者的にベストはなかなか出せないのですが、セブ島に来たらぜひ行って欲しいピザ店がいくつかあります。

今回紹介するオススメ店の一つが、Pizza Republic “Pick + Mix” by Giuseppe Genco(ピザ・リパブリック・”ピック + ミックス” by ジュゼッペ・ジェンコ)。一般的にピザ・リパブリックとして知られているお店です。

セブ島で見つけられる他のピザ店と違う主な特徴が、ピザに自分好みのトッピングを乗せる事が出来るということ。

ピザで使われるトッピングは多くの場合5-8種類程度だと思うのですが、こちらはお店で提供してあるトッピングを好きなだけ乗せることが出来ます。欲張れば全部乗せなんていうのも可能だったりするのです。

このピザ・リパブリック(Pizza Republic)アヤラモールの2階、テラス(Terraces)エリアに位置します。アクティブゾーン(Active Zone)入り口のちょうど真上にあるので、アクティブゾーンに入ってそのまま上に昇ってペルシア料理店の横の通路を通るか、カサベルデを目印にするとたどり着けると思います。

店内は黄色をイメージした内装になっており、広々としています。同じアヤラモール内にあるYellow Cab Pizza(イエローキャブ・ピザ)とカラーリングが似ているので間違えそうですが、無関係なので注意しましょう。

ピザ・リパブリックではカウンターに行って生地のサイズ、ソース、チーズ、肉類、野菜類、ハーブ&調味料、後乗せのソースの順番に流れ作業で作っていきます。自分でトッピングを選ぶ方式は10インチのピザで245ペソ(約488円)になります。

また、ハワイアンやペペローニピザなど用意されているメニューからピザをオーダーすることも可能です。メニューのピザをオーダーする場合は10インチのサイズで188ペソ(約375円)です

自分でピザを作る場合はまず7インチまたは10インチの生地のサイズを選びます。

次にトマトベースの「ピザ・リパブリックソース」、「プレーンイタリアンソース」そして「ホワイトソース」が用意されているので、生地の上に塗る好きなソースを選びましょう。ソースはちなみにミックスする事も可能のようです。

チーズはモッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、チェダー、パルメザン、クリームチーズ、ホワイトチーズの6種類。

肉類はサラミやハム、ベーコン、ソーセージなどが用意されていますが、鶏、豚、牛の他にフレーバーが付いているものもあったりするので、かなり種類が多いです。お腹いっぱい食べたい方は肉類を多めに入れるのがオススメです。

野菜類はマッシュルーム、オリーブ、パイナップル、コーン、ピーマン、トマトなど、ピザでおなじみの野菜が用意されています。

調味料エリアではタイムやバジル、オレガノ、ローズマリーなどのハーブの他に玉ねぎやレタス、ナスなど見た目や味がガラッと変わるトッピングが用意されてあります。

中でもキャラメルオニオンは甘味が付け足さられる事でより美味しくなるのと、ゆで卵はピザのフレーバーをマイルドにしてくれるので、組み合わせによっては入れておきたいオススメのトッピングです。

最後にかけるソースはオリーブオイル、ペスト、チーズソース、マスタードソース、バーベキューソースが用意されてあります。シンプルなトッピングにした場合はオリーブまたはペスト、肉が多い場合はマスタード、バーベキューの相性がベストで、チーズソースは比較的どのトッピングでも合います。

ソースも複数組み合わせる事が可能ですが、あまり多いとピザがドロドロになってしまうので、注意しましょう。

ピザのトッピングが完了したら会計を済ませます。

このエリアにはドリンクもあるので、ソーダやビールを合わせて購入するというのもオススメです。またスパゲッティのメニューを追加する場合はここでオーダーしましょう。

会計を済ませると番号札を渡されるので、自分の番号が呼ばれたらカウンターでピザをピックアップします。時間帯にもよりますが、大体10分程度で出来上がります。

こちらは筆者がミックスしたピザ。

大まかなトッピングはピザ・リパブリックソース、モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、チェダー、パルメザン、クリームチーズ、サラミ、バーベキューソーセージ、ビーフハム、ハンガリアンソーセージ、ポークロイン、イタリアンソーセージ、ペパロニ、ハニーベーコン、マッシュルーム、ブラックオリーブ、パイナップル、スイートコーン、ピーマン、トマト、バジル、ローズマリー、オレガノ、ナス、キャラメルオニオン、ゆで卵、ペストソース、チーズソースと通常のピザではありえない30種類近いトッピングを入れました。

生地はサクサクとしてて、今回の組み合わせは少し油が多いもののトマト、コーン、パイナップル、キャラメルオニオンを加えたことで比較的サッパリで濃厚な味のピザになりました。

組み合わせによって味や食感が変わるので、友人達などと一緒に行って、それぞれのピザを味見してみるというのも面白いかもしれません。10インチは少し小さいと感じられるものの、トッピングを多くすれば意外とお腹いっぱいになります。

筆者的にソースのオプションにマヨネーズがあればツナマヨなど作れるので、それが無いのが残念な所ですが、値段やトッピングを選べることと味の美味しさを考えればオーバーオールで満足ができるレストランになると思います。

何はともあれ、トッピングによって何十、何百通りの組み合わせを作る事ができるので、何回来ても楽しめるピザ店であるのは嬉しいところです。コスパもとても良いので、普段のピザに飽きた方や少し面白いことをしてみたい!という方はぜひピザ・リパブリックに訪れてみてはいかがですか?

 

Pizza Republic “Pick + Mix” by Giuseppe Genco(ピザ・リパブリック・”ピック + ミックス” by ジュゼッペ・ジェンコ)

営業時間: 10:00-21:00

店舗: アヤラモール

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close