セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

おなじみのペッパーランチ(Pepper Lunch)をアヤラモールで食べてみよう!

肉料理が食べたくなる事ってありますよね!セブ島では鶏肉や豚肉を中心に食べられるので、キュリーシーンで紹介したカサベルデザ・ピラミッドといったカジュアル料理店を見つけることが出来ます。

ただフィリピンの味付けは少し濃い目になっているので、しばらくセブ島に滞在していると日本のファミレスのような料理が食べたくなる事もあると思います。そんな時はアヤラモールにあるペッパーランチに行ってみるのも良いかもしれません。

ペッパーランチ(Pepper Lunch)は薄切り肉とご飯を鉄板の上で混ぜて食べるペッパーライスのほか、ステーキなどを提供しているレストランです。主に関東地方を中心に展開していますが、国内100店舗、後にアジア圏を中心に韓国、中国、インドネシア、タイ、マレーシアなどの海外にも進出しました。

フィリピンのマニラにも2008年と早い段階に進出していたものの、5年遅れてセブ島にも上陸しました。2013年にオープンしてからしばらく経っていますが、セブ島ではアヤラモールにある店舗のみ見つけることが出来ます。

セブ島のペッパーランチは映画館エリアと新館を結ぶ屋上エリアに位置しており、サラダストップ(SaladStop!)のすぐ隣にあります。

中に入ると左側にカウンターがあるので、オーダーと支払いを済ませます。ここではステーキや焼き肉風のメニュー、ペッパーライスそしてセットメニューなどが提供されていました。

一番安いメニューは220ペソ(約458円)メニューの多くは300ペソ(約625円)程度するので、日本に比べると少々安い印象。

中はそこまで広くはありませんが、常に人が埋まる感じではないので、すぐに座ることが出来ます。なお、オーダーした後に店員から着席するテーブル番号が伝えられるので、そこに座ることになります。

テーブルの上にはソース2種類と塩コショウが置いてあります。味を強める場合や甘さを加える時に便利ではあるものの、掛けすぎてしまうと食べにくくなるので、少しずつ追加していくと良いでしょう。

今回はいくつかオーダーしてみました。まずはFresh Kani Salad(フレッシュ・カニサラダ)、価格は120ペソ(約250円)

カニと書いてありますが、正確にはカニカマが入っているサラダです。レタスと冷たいうどんが入っており、ごまだれドレッシングが掛けられてあります。うどんが入っている事によりボリューミーになっていました。メニューだけじゃ物足りない方は合わせてオーダーするのも良いかもしれません。

こちらはJumbo Pepper Rice(ジャンボ・ペッパーライス)、価格は300ペソ(約625円)。ベストセラーのペッパーライスの牛肉を2倍にしたメニューです。

肉が半生の状態で出てくるので、熱々の鉄板を使って肉をひっくり返しながら調理していきます。肉に火が通ったら、ご飯と混ぜてテーブルの上にあるソースを掛けて完成です。なお味の方は日本と変わらない感じになっており美味しかったです。

提供時の鉄板はものすごく熱いため肉の脂が跳ねてくるのと、薄切り肉を早い段階でひっくり返す作業をしないと焦げてしまうので注意が必要です。

またもう少しボリュームのあるメニューにしたいという方はCombo Menu(コンボメニュー)をオーダーしてみると良いでしょう。こちらはBBQ Beef & Chicken Steak(BBQビーフ&チキンステーキ)、価格は335ペソ(約698円)

牛肉に加えてチキンステーキが用意されており、サイドディッシュでもやしやコーンなどの野菜類も入っていました。こちらはご飯が一緒についてきますが、50ペソ(約104円)追加することによりペッパーライスにアップグレードする事も可能です。

チキンステーキは少ししょっぱいと感じましたが、一緒についてくる野菜が良い口直しになりました。バーベキューソースも一緒に付いてきますが、味が物足りないと感じた場合はテーブル上のソースを付け加えると良いでしょう。

日本のペッパーランチよりもやや安めではあるものの、ジョリビーなどのファーストフードに比べるとサクッと食べられる価格ではないのですが、日本でもおなじみのレストランを楽しみたいという方はぜひチェックしてみてはいかがですか?

Pepper Lunch(ペッパーランチ )

ロケーション: アヤラモール屋上
営業時間: 10:00-21:00

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close