セブ島情報フィリピン・セブ島情報ローカルライフ

フィリピンで日本のラーメンが食べたくなったら、出前一丁の豚骨味をチェックしてみよう

ここフィリピンでは日本で取れる食材や食文化の違いから、食材の味が薄かったり、脂っこい料理であったりとしばらく食べていくと味に空きてくる事がありますよね。

そういう時は日本料理を食べるのがベストだと思いますが、日本では安く食べれる牛丼やラーメンでも、フィリピンでは高級のイメージが付いているため、あまりお金を掛けたくない留学生などには少し敷居が高く感じられると思います。

しかし、フィリピンにやってくる外国人が多くなったことから、現在多くののスーパーなどでは日本のお菓子や飲料品、即席麺や調味料など多くの商品を取り揃えるようになり、チョイスが広がってきました。

セブ島で美味しいラーメンを食べる時、1杯が大体300ペソ(約617円)以上かかりますが、インスタント麺であればその3分の1に抑えることが出来るので、安く済ませたいという方には嬉しいですよね。

もちろん、インスタント麺と本場のラーメンは比べるべきでは無いですが、フィリピンに長くいたらインスタント麺でもちょっとした贅沢になる場合があるので、海外品コーナーから日本のカップ麺等を購入する方もいると思います。

ただ、カップ麺でも輸入品なので日本と比べると割高になっている場合があるものの、日本の味とあまり変わらず、安く購入できる即席麺があるということはご存知だったでしょうか?

その商品名は日本でもお馴染みの出前一丁のもの。

一瞬コピー商品?と思ってしまいますが、正真正銘日清食品のもの。ただメーカーが日本ではなく香港のものになっています。袋ひとつあたり37ペソ(約75円)。現地のインスタントラーメンが9ペソ(約18円)で購入できるので、現地の商品と比べると高いですが、日本と比べたら断然安価です。

日清香港が提供している出前一丁は今回紹介する豚骨味の他に17種類のフレーバーを提供していますが、今回筆者が購入したセブ島にあるアヤラモール、メトロモールのスーパーマーケットでは4種類しかありませんでした。

パッケージには日本の商品と同じキャラクターが印刷されており、パッケージを見ただけですぐに認識できます。

ただ広東語で書いてあるため、全て読むことはできませんが「九州」、「猪骨」、また下に「Kyushu Tonkoysu Flavour」と書いてあるので、豚骨味だとわかります。

インスタント麺の調理は簡単なので問題ないと思いますが、パッケージの後ろに英語で説明が書いてありました。

100gの内容量でカロリーは444kcalほど。

麺は手のひらサイズでやや大きめで、日本とあまり変わらない感じで、中には粉末スープと調味油が付属していました。

それでは実際に料理してみましょう。まずは500mlほどの水を沸騰させ、粉末ソースと調味油を入れたボウルにお湯を入れてスープを溶かします。

約3分ほど煮込んだ麺をそのボウルに投入すれば完成です。

出来上がったものがこちら。麺のコシやスープの風味などは日本の豚骨ラーメンそのもの。こってりが好きな方には少し物足りないかもしれませんが、全然美味しいものになっていました。濃い目が良い方はお湯の量を減らすと良いでしょう。

また、時間がある場合は野菜などを付け足すとより美味しくなると思うので、色々アレンジしてみるのも面白いかもしれません。

スーパーにある日本のカップ麺よりは断然安いので、サクッと日本のラーメンが食べたいという方は、この香港版の出前一丁を購入してみてはいかがですか?

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close