セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

ゆず風味のつけ麺がセブ島でも楽しめる、三ツ矢堂製麺をチェックしてみよう

フィリピンは数年前からあるラーメンブームにより数多くのラーメン店をマニラやセブ島で見つけることが出来ます。フィリピン人経営のものもあれば、日本から進出したラーメン店も多く存在しています。

これまでフィリピンでは現地の人たちの舌にマッチした、とんこつラーメンを提供するレストランが多かったのですが、つい最近ではつけ麺や油そばといったバリエーションも用意している所が増えてきました。

今回紹介する三ツ矢堂製麺(Mitsuyado-Sei-Men)も美味しいゆず風味のつけ麺が楽しめるラーメン店で現地のフィリピン人を初め、人気のあるレストランの一つになりました。

三ツ矢堂製麺は元々中目黒にあったラーメン店で東京のほか、静岡や長野、千葉などでも展開しています。また海外進出も積極的に行っており、マレーシアでは1店舗、フィリピンではマニラを中心に5店舗見つけることが出来ます。

セブ島ではマボロ地区にある商業施設、Bonifacio District(ボニファシオ・ディストリクト)内にあり、セブ島ではここが唯一の店舗になります。

ボニファシオ・ディストリクトの1階、CoCo壱番屋のすぐ隣に三ツ矢堂製麺があります。

中に入ると高度成長期の頃のような昭和チックなポスターや小道具などが飾られており、まるで新横浜ラーメン博物館のような雰囲気があって面白かったです。また中は広々としており、常に人が埋まっている様な印象は無いので、特に並ぶ必要はありませんでした。

こちらのレストランで提供しているメニューはベストセラーであるゆず風味つけ麺のほか豚骨や鶏ガラ、まぜそばやカツ丼、牛丼、天丼などの丼ぶりメニューも用意されています

またオーダーする際に麺の量や温度を決めることが出来るのですが、初めてな方でも分かるようにメニューの1ページ目にその方法が書かれているので、一度読んでおくと良いかもしれません。

麺の量は200g(スモール)、300g(レギュラー)、450g(ラージ)とあって、提供時は冷たい麺か温かい麺かを選ぶことが出来ます。

まず最初にオーダーしてみたものはVegetable Tsukemen(野菜たっぷりつけ麺)レギュラーサイズで330ペソ(約687円)です。

テーブルに提供された瞬間からゆずの香りが漂い、小皿にはたっぷりと野菜が入っていました。つけ麺なので好みで麺や野菜を汁の入ったボウルに付けて食べていきます。

つけ麺自体はとてもさっぱりとしてて美味しく、コシのある麺との相性は抜群です。少し濃い目に作られているのですが、野菜などのトッピングを組み合わせる事でマイルドな味付けになります。

普通のラーメンが良いという方はこちらのTonkotsu Shoyu Ramen(豚骨醤油ラーメン)もオススメです。価格はレギュラーサイズで290ペソ(約604円)。

とんこつスープがとても濃厚であるものの、醤油の塩加減がちょうど良く美味しかったです。筆者的につけ麺よりもこちらのラーメンの方が美味しいと思ったほどでしたが、麺の量が少ないのが残念な所。

普通のラーメンは野菜は付いてきませんので、欲しいという方は追加でオーダーすると良いでしょう。なお野菜のみは40ペソ(約83円)と量が多い割にはとても安価です。

比較的ラーメンだけでお腹いっぱいになると思いますが、まだ物足りないという方は餃子やワンタンなどのサイドディッシュをオーダーしてみるというのも良いかもしれません。これらのサイドディッシュも200ペソ程度なので少々高いかもしれませんが、ジューシーで美味しかったのでオススメです。

メニューによっては価格の割には満足、そして野菜を手軽に取ることが出来るので、気になる方はぜひ三ツ矢堂製麺をチェックしてみてはいかがですか?

Mitsuyado Sei-Men(三ツ矢堂製麺)

ロケーション: ボニファシオ・ディストリクト
営業時間: 11:00-23:00

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close