フィリピン・セブ島情報レストランローカルライフ

フィリピンのマクドナルドで販売されているスパゲティーを試してみよう!

マクドナルド(McDonald’s)は日本を含む世界各国で展開しているファーストフード店です。日本ではてりやきバーガーなど、馴染みのメニューがあるように、世界各国でもご当地メニューが多く存在しています。

フィリピンではフライドチキンが好まれるという事からフライドチキンとご飯を組み合わせたメニューが提供されており、こちらは売上ナンバーワンの商品になっているのですが、甘い味付けが特徴的なスパゲティーも人気商品の一つです。

ハンバーガー店でスパゲティー?と日本のマクドナルドを良く利用している方からすれば不思議な感じですが、フィリピンではジョリビーやKFCなどマクドナルド以外のファーストフード店ではフライドチキンに並んで、必ずと言って良いほど用意されているメニューです。

そんなマクドナルドのスパゲティー、McSpaghetti(マック・スパゲティー)はこちら。価格は一つ57ペソ程度(約117円)

赤と白が特徴的なパッケージの横には牛、トマト、チーズなどといったイラストが書かれており、中に何が入っているのか分かるものになっていました。

中を開くとこの様な感じで、フィリピンらしい甘いソースの香りがしました。

一人前より少し少なめのスパゲティーにトマトソース、ソーセージ、チーズそして少量の牛ひき肉が入っています。食べる前にパスタとソースをミックスさせて良く馴染ませましょう。

パスタはとても柔らかく、小学校などの給食に提供されたソフト麺を連想させます。

ソースはフィリピンらしい甘さがあるものの、トマトソースのコクがしっかりと効いており、ジョリビーなど他のファーストフード店のものと比べると、筆者的に美味しいものだと感じました。

ただこれ単品であると、人によっては量が少なく感じられる場合もあるので、他のハンバーガーメニューと組み合わせるか、フライドチキンが一つ付いたセットメニューをオーダーしてみると良いでしょう。ちなみにフライドチキンとスパゲティーが付いたメニュー、1-pc Chicken&Spaghetti(1ピース・チキン&スパゲティー)113ペソ(約233円)程度です。

人によっては好みが分かれるかもしれないフィリピンの甘いスパゲティーですが、マクドナルドに行けば基本的にオーダーできるメニューなので、特に抵抗感のない方やフィリピンのスパゲティーを試してみたいという方は、一度チェックしてみることをオススメします。

ファーストフードのスパゲティーはマクドナルドが具だくさんでコクのある味付けになっていたので、筆者的にはマクドナルドのものが美味しいと感じています。皆さんも機会があれば、ぜひ試してみてくださいね!

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close