セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

インパクトのあるハンバーガーを食べたかったら、Zark’s Burger(ザークス・バーガー)

パティが何重にも重なっていたり、ハンバーガーを衣に付けて揚げたもの、クリスピー・クリーム・ドーナツのような甘いドーナッツがバンズ代わりに使われているハンバーガーはインパクトがあって、毎日食べてみたいと思わないものの、機会があれば試してみたいですよね。

そんなインパクトあり、ボリューミーなハンバーグを楽しみたい!という方にセブ市内に数店舗展開しているZark’s Burger(ザークス・バーガー)をチェックしてみると良いかもしれません。

今回紹介するザークス・バーガーは元々2009年にマニラでオープンしたハンバーガー店。

オープン当初からハイカロリーなハンバーガーが提供されていましたが、そのインパクトのあるメニューだけではなく、3重パティーのハンバーガーを5分以内に完食するというチャレンジも話題になり、現在では人気店になりました。

セブ島でも2016年頃に進出し、主にSMシティーモールとITパークで見つけることが出来ます。

店内は赤と黒を意識したデザインになっており、壁には目玉メニューの写真が飾られています。比較的テーブル席が用意されているので、特に待たずに座ることが出来ると思います。

メニューを開くとPre-Game(試合前)Minor League(マイナーリーグ)Major League(メジャーリーグ)と野球を意識した感じになっており、それぞれアペタイザー、量や価格によってカテゴリ分けされています。また、衣に包んだり、ドーナッツに挟まれたインパクトのあるハンバーガーはワンランク上のPremiere Burger(プレミアム・バーガー)の中に含まれています。

筆者がまず先にオーダーしたのはOnion Hoops(オニオン・フープス)、価格は149ペソ(約310円)

こちらのメニューはオニオンリング。柔らかめの衣にはカレーの風味が少しあるので、そのままでも楽しめました。少し塩加減が強めなので甘いドリンクが欲しくなる所。またオニオンリングに付いてくるソースはランチドレッシングまたはケイジャンソースから選ぶことが出来ます。

気になるハンバーガーメニューはプレミアムとメジャーリーグハンバーガーを2つオーダーしてみました。まず最初はベーコンに包まれたDeep Fried Bacon Wrapped Burger(ディープベーコン・ラップバーガー)というもの。価格は249ペソ(約519円)

小さいように見えますが、中にはいっている大きめのパティに加えて大量のベーコンが周りに付けられているので、かなりお腹いっぱいになるメニューです。こちらもややしょっぱめですが、一緒についてくるバーベキューソースにつけるともう少しマイルドになるのでオススメです。

こちらはDeep Fried Burger(ディープフライ・バーガー)。価格は169ペソ(約352円)

クォーターパウンダーチーズバーガーに衣を付けて揚げたものです。ハンバーガーそのものでもカロリーが高いのに、カリカリに揚げることでさらにハイカロリーになっているメニューです。

先程のディープベーコン・ラップバーガーに比べてマッシュルームやレタスが多めなので、少し健康的な感じもしますが、揚げられたバンズの味には少し好みが分かれるかもしれないので、人によっては全て食べきれないかもしれません。

またハンバーガーは基本的にポテトフライが付いていないため、追加オーダーする必要があります。しかし、ハンバーガーだけでもかなり量があるので、そこまでガッツリ食べないという方はオーダーしなくても良い気がします。

こちらで提供しているメニューはハイカロリーなものばかりなので、ガッツリ食べたい方やジャンキーなものに手を出したいという方はオススメです。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがですか?

Zark’s Burger(ザークス・バーガー)

ロケーション: SMシティモールJPモルガン&チェースビル・ITパーク
営業時間: 10:00-21:00

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close