セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

ライス食べ放題!フィリピン人の皆大好きなMang Inasal(マンイナサル)

フィリピンはフライドチキンやローストチキンなど、とにかくチキンが大好きな民族です。

鶏肉は豚肉や牛肉に比べると価格が非常に安価である事と生産と調理のしやすさが揃っていることから、老幼男女に大人気があります。

ジョリビーやマクドナルドではハンバーガーメニューよりもフライドチキンとライスのセットメニューが一番売れており、これ以外のお店でも基本的にチキンメニューを取り揃えていることがほとんどです。

今回紹介するMang Inasal(マンイナサル)というファーストフード店もローストチキンを中心に販売しているレストランで、その安さと特徴的なサービスからフィリピン人のほとんどが好きなファーストフード店です。

マンイナサルは2003年にビサヤ諸島のイロイロ市(Ilo Ilo City)に誕生した、チキンバーベキューなどを提供するフィリピン料理店。店名はミスターを意味する「Mang」とバーベキューの「Inasal」から来ており、直訳すると「Mr.バーベキュー」になります。

他にも数多くのグリルやフィリピン料理店がある中で、お手頃な価格とライス食べ放題というサービスを提供したことから、後に大ヒットとなり、ビサヤ諸島そしてミンダナオ島に進出するとマニラにも展開されるようになりました。

マンイナサルは後にジョリビー(Jollibee)やグリニッジ(Greenwich)、チョーキン(Chowking)などのファーストフード店を収めるジョリビーフーズコーポレーション(Jollibee Foods Corporation)によって買収されたものの、現在でも昔と変わらないサービスを提供しています。

セブ島であれば基本的にモール内やお大通り沿いなどにお店を構えており、多くのエリアで見つける事が出来ます。今回筆者が訪れたのはSMシーサイドシティーモールにある店舗です。

モール1階のマウンテンウィング(Mountain Wing)エリアで見つけることが出来るのですが、系列店のジョリビー、チョーキンが集まっているのですぐに見つかると思います。

こちらで提供しているメニューは非常にシンプルなもので、一番人気のチキンイナサル(Chicken Inasal)、やシシグ(Sisig)、ポークバーベキュー(Pork BBQ)の他、ハロハロや春巻きなどの軽食類が揃っていました。

ライス系のメニューは1 Rice(1ライス)Unli Rice(アンリ・ライス)の2種類が用意されていますが、これはライス食べ放題のオプションになります。1ライスだと文字通り、セットメニューには一つのご飯しか付いていませんが、アンリ・ライスであれば一つのライスに加えて、ライスをおかわりすることが出来ます。

オーダーを済ませるとこの様な番号札を渡されるので、テーブルの上にあるホルダーに立てることが出来ます。

また、テーブルにはしょうゆ、お酢、そしてチキンオイルが置かれています。チキンオイルはローストチキンまたはライスに掛けて風味を追加することが出来ます。フィリピン人の多くはこのチキンオイルと大量にかけて食べることが多いです。

約10分程度でメニューが到着しました。こちらはPecho(ペチョ)ワンライス111ペソ(約234円)、アンリ・ライスで125ペソ(約263円)。

ささみや手羽先などが含まれており、やや大きめです。味は甘めになっていますが、他のバーベキュー店に比べるとタレがあまりかかっていないので、比較的甘さ控えめで美味しかったです。

そのままでも十分ですが、味が足りないという方はテーブルにあるお酢や醤油などを組み合わせて食べると良いでしょう。

こちらはPaa(パ・ア)ワンライスで99ペソ(約209円)、アンリ・ライスで113ペソ(約238円)です。

肉の部位はももになっており、とても柔らかかったです。お肉のボリュームもそこそこ大きいので、100ペソ以内で食べれるのは満足度高めです。

ちなみにアンリ・ライスをオーダーした方は緑色のお皿に入れてくれるので、ライスのおかわりをしたいという方は、ライスを容器に入れて歩き回っている店員さんに声を掛けると入れてくれます。場合によっては店員さんから追加することもあって、盛々に乗せることもあるので注意しましょう。

セットメニューをオーダーすると、小さいボウルに入ったスープも提供されます。こちらはシニガンスープになっており、酸っぱめに作られています。ご飯を多く食べたいという方には良い口直しになると思います。

またチキンだけじゃ足りないという方は合わせてLumpia Tongue(ルンピア・トンゲ)をオーダーすると良いでしょう。価格は2本入りの単品で40ペソ(約84円)。

こちらの春巻きは中に大量のもやしが入ったものになっています。一緒についてくるお酢に漬けて食べるのですが、ご飯が進むメニューなので、お腹いっぱい食べたいけれどご飯だけをお代わりをするのはちょっと・・という方は合わせてチェックしてみると良いと思います。

マンイナサルはランチやディナーの時間関係なく多くの人で賑わいますが、回転率は早めなので、すんなりとテーブルを見つけることが出来ると思います。ライスおかわりし放題で価格も安いので、予算はあまりないけれど、お腹いっぱい食べたい!という方はぜひチェックしてみると良いと思います。

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close