セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

399ペソで牛カルビなやエビなど食べ放題の焼肉店、Kogi-Q(コギ・キュー)

スタミナを付けたい時はやはり肉が良いですよね!

フィリピンにはレチョンを提供しているフィリピン料理店、ステーキやハンバーガーなどを提供しているカジュアル料理店など多く点在していますが、焼肉をチェックしてみるのも一つオススメです。

セブ島だとサムギョプサルメインの韓国焼肉や日系の焼肉店などありますが、フィリピン風の焼肉店も見つけることが出来ます。

今回紹介するKogi-Q(コギ・キュー)もそんなフィリピンスタイルの焼肉店。フィリピンの焼肉は通常鶏肉や豚肉などを串刺しにして焼くバーベキューになっているので、日本や韓国のようなテーブルの上で焼く様なスタイルは本来ありません。

しかし、フィリピンの甘いバナナケチャップのタレを使ったソースで味付けされていたり、肉類だけではなく多国籍料理も楽しめるスタイルの焼肉店やビュッフェが数年前に流行ったことで、フィリピン人にも焼肉の文化が浸透しました。

焼肉メイン、多国籍料理メインプラス焼肉の様にレストランによって違いが出てきますが、セブ市内を中心に展開しているKogi-Q(コギ・キュー)セルフでお肉をピックアップして焼く、焼肉メインの食べ放題のレストランです。

コギ・キューはおそらく韓国語で肉を意味する「コギ」、そしてバーベキューの「Q」を組み合わせた名前になっており、2015年にセブ市内でオープンして以来、マニラやイロイロ州、サンボアンガ州などフィリピン各地に点在しています。

バターシュリンプなどで有名なChoobi Choobi(チョビ・チョビ)と系列店で、ロケーションによっては隣同士にお店を構えていることもあります。

筆者が今回訪れたのはSMシティセブモール2階にある店舗。すぐ隣は先ほどちらっと紹介したチョビ・チョビがあります。

中は広々としており、席数も多いです。時間帯によっては混み合うかもしれませんが、比較的すぐに座れる印象です。

20:30で食材の提供をストップするみたいなので、いっぱい食べたいという方は夜であれば19時頃に来る事をオススメします。

こちらは399ペソ(約841円)肉やシーフード、そしてドリンクが食べ放題、飲み放題になっています

取り揃えている食材はフィリピンのタレに味付けされた鶏肉、豚肉サムギョプサル、牛カルビ、イカ、イガイ、ホットドッグ、白菜、さつまいも、ナスなどの野菜類です。

この他にもエビや魚、鶏レバーも用意されてありますが、こちらは店員さんにオーダーすることで用意してくれます。

サイドディッシュはご飯、スープが提供されてありますが、ご飯はパサパサしているフィリピンのご飯で、スープは日によって変わるみたいです。

今回は卵の入ったコーンスープでした。味は美味しいものの、少ししょっぱい印象がありました。別の日では味噌汁が出ていたのですが、そちらは丁度よい味付けになっていました。

ドリンクは甘いアイスティーとサービスウォーターが用意されています。ビールなどのお酒類を楽しみたいという方は、残念ながら用意されていません。

焼肉に付けるソースも自分で調合する形になります。用意されているソースは、醤油、焼肉のタレ、フィリピン風のお酢。

薬味はネギ、にんにく、赤たまねぎ。そしてコチュジャン、キムチ、塩などの調味料も全て一つのエリアで見つけることが出来ます。筆者的に焼肉のタレとにんにくを組み合わせてたソースと、塩があれば十分だと思います。

気になる肉類ですが、一番のオススメは「Imported Beef Yakiniku」と書かれた牛カルビです。

日本の焼肉のタレに近いソースにしっかりと味付けがされており、肉がとても柔らかく、何も付けなくても美味しい一品です。焼肉を思う存分楽しみたい方は他の食材と比べて焼くのが一番早い、このメニューにすると良いでしょう。

白菜を火を通して、お皿の上でカルビと組み合わせるともう少しマイルドで野菜も取れるので、この様な食べ方も一つおすすめです。

サムギョプサルは脂が多めではあるものの、こちらも柔らかくて美味しかったです。塩を振りかけるのも良し、にんにくに絡めてたり、コチュジャンと組み合わせて食べるというのも良いでしょう。

残念ながらシーフード類はまだチェックしていないので紹介することは出来ませんでしたが、筆者的には牛肉をいっぱい食べたいという方にはオススメなレストランだと思うので、チェックしておいても損はないと思います。

セブ島内ではSMシティーセブモールの他にも、SMシーサイドシティモールやマンダウエ市のパークモール、そしてマクタン島のThe Outletsという商業施設内で見つけることが出来ます。

Kogi-Q(コギ・キュー)

ロケーション: SMシティーセブモールSMシーサイドシティモールパークモールThe Outlets at Pueblo Verde(マクタン島)
営業時間: 10:00(11:00) – 21:00

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close