Premiere Proポストプロダクション・編集映像ハック

[Premiere Pro] 映像素材(フッテージ)を読み込んで編集を開始してみよう!素材を追加する3つの方法

映像編集は映像素材(フッテージ)無しでは作業できません。

編集のワークフローとして撮影の素材をメインとバックアップのHDDなどに保存した後でノンリニア編集アプリを起動し、素材を読み込んでから映像をカットしていくのですが、Adobe Premiere Proでの素材読み込みはどの様に行うのか、今回はそちらを紹介したいと思います。

新しく編集プロジェクトをスタートさせる場合や既存のプロジェクトから素材を読み込む際の基本操作は同じになりますが、こちらの記事では新規プロジェクトからの操作を行っています。

Premiere Proにおける新規プロジェクトの設定や操作については「編集を始めてみよう!プロジェクトの新規作成とシーケンス設定」の記事にて詳しく紹介されているので、初めてPremiere Proを使用する方は一度そちらの記事を読んでおく事をオススメします。

新規プロジェクトの記事でも素材の読み込み方法を紹介していますが、こちらの記事では更に詳しく説明していきます。

映像などの素材を読み込む方法は大きく別けて3つの方法があります。撮影時に使用したカメラや映像のコーデックによって使い分けるのがベストですが、基本的にどの方法でも素材を読み込むことが出来るので自分に合ったやり方で行うと良いでしょう。

1. ドラッグ・アンド・ドロップ

素材読み込みで一番簡単な方法です。Canonの一眼レフやGoPro、DJI PhantomやOsmo、iPhoneなどのスマートフォンで撮影したMP4やMOVの拡張子を持つ素材を読み込むには一番オススメな方法です。

素材の保存されているフォルダーから読み込む映像を全て選択してPremiere Proのプロジェクトウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップをします。すると読み込み画面が現れるので、完了するまで待てば大丈夫です。

こちらは一番簡単な方法になりますが、XMLなどのメタファイルやMTSなどの拡張子を持つ映像素材だと上手く読み込めない場合があります。

2. 読み込みメニュー

前述したドラッグ・アンド・ドロップとあまり変わらない方法になりますが、人によってはショットカットが利用できる「読み込み」のツールを使用するというのも一つのです。

上部メニューから確認する場合は「ファイル」の「読み込み」をクリックするか、ショートカットでmacOSだと「Cmd + I」、Windowsであれば「Control + I」を利用するとファイルブラウザーが出てくるので、保存先のフォルダーまたはファイルを選択し、読み込むことが出来ます。

3. メディアブラウザー

SONY XDCAM、Panasonic P2、RED RAW、ARRI RAWなどQuickTime Playerなどで基本的に再生できない映像ファイルがある場合は、Premiere Proに搭載されているメディアブラウザーを使用することで、フッテージのサムネイルの確認や読み込みを行えます。

デフォルトの状態ではプロジェクトウィンドウのすぐ隣にあるタブからアクセスできますが、見つからない場合は上部メニューの「ウィンドウ」から「メディアブラウザー」にチェックを入れると表示されます。

メディアブラウザーはファイルディレクトリを使用してフッテージの入っているフォルダーにアクセスさせる必要があるので、少し手間は掛かるものの、サムネイルをチェックできたりXMLなどのメタデータを含むファイルが表示されないので、読み込み作業がとても簡単です。

XDCAMで撮影したフォルダーを見てみると、ファイルブラウザ上ではフッテージを格納している「XDROOT」のフォルダーには数多くのファイルやフォルダーが存在しており、このような構成に慣れていないとフッテージを探すのが大変になってしまいます。

しかし同じフォルダーをメディアブラウザーを使用してみると、映像のファイルのみ表示されるようになっているのがわかります。サムネイルも表示されており、必要な映像のみ読み込むといった方法が出来るため便利です。

メディアブラウザーの使い方ですが、左側に表示されているファイルディレクトリを使用して、映像が格納されているフォルダを選択し、右側の画面にはそのフォルダー内のフォルダーやファイルが表示させます。

読み込みたいフッテージを選択して右クリック「読み込み」をクリックするか、プロジェクトウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップを行えば読み込み完了です。

素材が読み込めない場合

フッテージの形式によっては読み込みの際にエラーが出ることがあります。

SONY A7SIIで撮影されたフッテージを参考にしてみると、映像が格納されているフォルダーの中には色々ファイルがあります。この様な構成になっている場合はメディアブラウザーを使用して読み込むのがベストですが、該当のフォルダーを開くとXMLMP4のファイルが表示されているのが確認できると思います。

このまま全て読み込むとMP4のファイルは読み込めるものの、XMLのファイルは「ファイル読み込みエラー」と現れ一部のファイルが読み込めません。ただ、XMLファイルを編集で使用する事はないので、このままでも問題はないのですが、エラーを避けたいという方は下記の方法を使用してみると良いでしょう。

メディアブラウザーを使用する場合は「ディレクトリビューアー」が「ファイルディレクトリ」にチェックが入っていることを確認した上で、映像が格納されているフォルダーを開き、「表示するファイルの種類」に「MPEGムービー」を選択します。

こうする事でXMLファイルを無視して、MPEG4/H.264フォーマットのファイルが表示できるようになりました。

ドラッグ・アンド・ドロップを使用する場合は映像が格納されているフォルダを開き、XML以外のMP4ファイルを全て選択して読み込むと良いでしょう。

筆者の場合はmacOSを使用しているので、フォルダ内の「MP4」を検索して、一覧に出たらそれを読み込むようにしてます。

メディアを処理中

読み込まれたフッテージはすぐには編集できません。というのもPremiere Pro側で映像のキャッシュを作成しスムーズな編集を行えるよう、最適化をしているため。

読み込むと、ソースウィンドウのが黄色い画面になったり、右下に「メディアを最適化中」または「ピークファイルの作成」と出ていると思いますが、これは正常の処理なので全てのキャッシュが作成されるまで待つと良いでしょう。

処理時間はパソコンのスペックによって左右されるので、場合によっては時間が掛かるかもしれません。また、デフォルトではパソコン本体にキャッシュが保存されるため、容量に余裕が無い方は外付けHDDに設定するべきでしょう。

筆者的にはプロジェクトファイルや素材、そしてキャッシュが一つのHDDに保存されていると、別のパソコンでもキャッシュの処理なしで編集を行えるので、一つにまとめるようにしています。

読み込みが完了したら、本格的に編集を開始するだけです!

また別の機会にて、Premiere Proの基本操作の一つであるフッテージのタイムラインへの追加やトリミングなどを紹介していきたいと思いますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close