セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

小腹が空いた時にもオススメ!Famous Belgian Waffles(フェーマス・ベリギアン・ワッフル)

モールなどを歩いていると小腹が空いて、サクッと食べたくなることありますよね?

これまでにキュリオシーンではそんなサクッと食べれるシャワルマなどをいくつか紹介してきましたが、アイスクリームチュロスなどといったスイーツを提供しているお店も多く、セブ島のモールに来たらどれが良いか迷ってしまいほどです。

今回紹介するのは、数年前にセブ島でちょっとしたブームを巻き起こしたベルギーワッフルを提供しているお店、Famous Belgian Waffles(フェーマス・ベリギアン・ワッフル)の商品です。

こちらは2012年にマニラから生まれたワッフル専門店で、ストリートフードのように35ペソで食べれるワッフルを提供したいという思いから生まれ、2016年までにはマニラの他、セブ島を含むビサヤ諸島やミンダナオ島にも進出しています。

セブ島では主にSMシティーセブモール、バニラッド・タウンセンター、ガイサノモールなどモールを中心に展開しており、お店のすぐ横を通るとワッフルの香りがするので、食欲をそそります。

今回筆者が訪れたのはバニラッド・タウンセンター(Banillad Town Center)の1階にある店舗のもの。ロケーションによってはテーブル席が用意してあったりしますが、こちらは小さいバーのような形で椅子が用意されていました。

気になるメニューですが、35ペソ(約73円)で購入できるプレーン味のほか、チョコレートやいちごジャムを乗せたスイーツ系、更にトッピングを加えたものやツナ、ハムといったおかず系のワッフルが用意されており、かなりの数でした。

ただ全て揃っていない場合もあるので、気になるメニューがある方は一度店員さんに確認してみるのがベストでしょう。またコーヒーやホットチョコレートなど温かいドリンクも用意されています。

店員さんにオーダーするとすぐ目の前にあるワッフルメーカーに生地を入れ、その場で焼いてくれます。

比較的薄い生地なので、出来上がる時間も5分以内と短く、できたてのワッフルを楽しむことができるのは嬉しいところ。

今回筆者はブルーベリー・クリームチーズ(Blueberry Cream Cheese)をオーダーしてみました。価格は60ペソ(約125円)です。

こちらのワッフルは手で食べやすいように、ワッフルを二折にしてサンドイッチのように提供されます。できたてのワッフルを紙のパッケージに入れるので、火傷しないように注意しましょう。

中を取り出すとこの様な感じ。やや大きいので、成人男性でも十分なサイズ感です。

ワッフルはサクッとふわふわしており、ほんのりとシナモンの香りが感じられるものになっていました。ブルーベリーとクリームチーズの組み合わせも良く、酸味のパンチがありながらクリームチーズでマイルドになるので色々な味を楽しむことができます。

また数多くあるトッピングによって色々な味を楽しむことができるので、気に入った方は他のメニューも試してみると良いでしょう!

セブ島にはこちら以外でもワッフルを楽しめるお店は多くありますが、出来たてで美味しくてかつ安いというのはポイントが高く、筆者的には一番オススメしたいお店だと思います。

小腹が空いた時やワッフルが食べたくなった方は、ぜひこちらのFamous Belgian Waffles(フェーマス・ベリギアン・ワッフル)をチェックしてみてくださいね!

Famous Belgian Waffles(フェーマス・ベリギアン・ワッフル)

ロケーション: バニラッド・タウンセンターSMシティーセブモールパークモールほか
営業時間: 10:00 – 21:00(モールの営業時間よる)

 

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close