フィリピン・セブ島情報フィリピン・セブ島留学

留学に紙の辞書は必要なし。パソコンか電子辞書で代用して紙辞書は現地で購入しよう。

ただいま絶賛、留学の準備中なのだけれども、紙の辞書は持っていくべきなのだろうか?海外で留学するさいに紙の辞書って使うの?

多くの留学生は、きっとこんな風に思っているに違いありません。紙の辞書は重くて持って行きづらいし、いっそのこと置いていってしまおうか・・・なんて考えることもあると思います。

ドキドキ・ワクワクする留学の準備の最中に、こんなことで悩むのは少しもったいない気もしますので、実際にカナダ、フィリピン、ニュージーランドの参加国に留学した私の経験をお話します。

ズバリ結論から言ってしまうと「留学に辞書は必要です!しかし「紙の辞書」は必要ありません!」もしあなたが日本で英語の勉強をするなら、紙の辞書を持つことをオススメします。

しかしながら、留学に行くのなら話は別となります。

そこで今回は、留学に最もオススメする辞書の取扱いや購入方法について紹介します。

いまどき留学に「紙の辞書」は必要ない

先程も書いたのですが、留学に行く時は紙の、重い辞書は持っていかないようにしましょう。

 

個人的に必要だと思うのは紙の辞書ではなく「電子辞書」であり、究極的にはパソコンに付属している辞書で十分だと考えています。特に最近の電子辞書はスペースも取らないし、多機能であるし、何より軽いので、普段の持ち歩きにもこまりません。

しかしより荷物を軽くしたいのであれば、パソコンに付属している辞書機能を使うのが一番オススメです。

 

一番はパソコンの辞書機能

今の時代、留学に行くのであればインターネットは使えるはずなので、この利点を利用したほうが荷物も減るし、情報量も多くなります。また、もしあなたがMacを使っているのなら、Macには「ウィズダム英和・和英辞典」という日本の最高峰の辞書が付属されています。

下手に辞書を持ち歩くよりも、Macについているウィズダムシリーズの辞典を利用したほうが良いです。

また留学先の課題もパソコンで取り組むことになるので、できればパソコンでの作業に慣れたほうが良いでしょう。パソコンに辞書が付属していないのならば、インターネットで検索することでネット上の辞典にアクセスすることができます。

しかし、パソコンで不安な人は、電子辞書を持っていきましょう。

 

もしもの時の「電子辞書」

高校時代に購入した電子辞書や、大学時代に利用していたものなど、人によって使っている電子辞書は様々かと思います。

私の留学経験から考えると、電子辞書を持って行くならば、ビジネスモデルや大学生向けの上位機種のほうが使い勝手は良いと思いました。それなりの値段がするのですが、機能は豊富ですし、様々な用途に使えるよう辞書の数も多く用意されています。

機能が満載で、長く使えるような機種をオススメしたいと思います。

もちろん資金や人によっての好き嫌いもあると思うのですが、パソコンの辞書機能などに不安のある人は1つ持っていても良いかもしれません。また、「電子辞書やパソコンもいいけど、やっぱり辞書は紙がいいなあ」と考える人は別の方法で紙の辞書を購入することをおすすめします。

 

どうしても「辞書」が欲しいなら

辞書である以上、やはり紙であることにこだわりを持つ人も多いかもしれません。

とはいえ留学やワーキングホリデーで海外に行くとなった時、はたして紙の辞書は持っていくべきなのでしょうか?その答えは「持っていくべきでない」です。それでも「やっぱり紙がいい」という人は、別の方法で辞書を手に入れることをオススメします。

 

私が紙の辞書を欲しいと思った時は、「現地で紙の辞書を購入する」という手段をとることにしていますが、これには3つほどの理由があります。

  1. いつでも手に入るから
  2. 辞書代が安いから
  3. 英語は英語で学ぶべきだから

まず1つ目ですが、どこの国にも本屋があるので、そこで英語の辞典を購入すればいいということです。

私たちにも国語の辞書があるように、英語圏にも英語の辞書がキチンと販売されています。

 

また簡素な作りをしている辞書が多いので、日本の辞書に比べて遥かに安く手に入ることが魅力的です。世界的なブランドである「Oxford」の辞書などが日本の半分以下の値段で購入できます。

この「価格」も現地で購入するのをおすすめする理由の1つとなります。

OxfordやColinsあたりが有名なので、ぜひとも本屋で探してみてください。

 

そして最後は「英語は英語で学ぼう」というモットーです。

せっかく海外で英語を学んでいるのならば、そのまま英語で学べばいいと思いますし、そのほうが英文に触れる時間が長くなるので英語の上達も早くなります。

ですので、現地での紙の辞書の購入をオススメしています。

 

英語を英語で学ぶのならば「Dictionary.com」や「Thesaurus.com」がオススメです。

ニュージーランドの大学に在学中は、この2つのサイトを随分と利用してきました。ブラウザでスグに検索できるので、困ったときにはこのサイトを使ってみて下さい。

 

まとめ

英語を勉強するのなら、たしかに紙の辞書を使ったほうが勉強になります。

しかしながら、紙の辞書を海外の留学先にまで持っていくのはもったいないですし、何よりも重くて持ち歩きが面倒くさいのが本音です。そのためにもパソコンの辞書機能を活用したり、インターネット上の辞書を利用するほうが賢いと考えています。

そして必要になったら、現地で必要に応じて辞書を購入すれば良いのだと思っています。

不安な人は、少し高くても機能が豊富についている電子辞書を購入して、とにかく使いこなしていくのがオススメです。

ということで「留学には紙の辞書は必要なの?」という質問に対しては、「紙の辞書は必要ありません。パソコンを利用するか、必要に応じて現地で調達しましょう」と答えます。

留学先に辞書を持っていくかどうか悩んでいるひとは参考にしてみて下さい。

 

(Hiro)

元記事: 留学に紙の辞書は必要なし。パソコンか電子辞書で代用して紙辞書は現地で購入しよう| ボヘミアン英語術

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

Hiro

ボヘミアン英語術(bohemian-english.com)の運営者で都内のIT企業でプログラマーとして働きながら、ブログやアフィリエイトなどの執筆活動を展開しています。海外が好きすぎてカナダ、フィリピン、ニュージーランドの3カ国へ留学しました。個人ブログ「linestocker.com」も運営中。

関連記事

Close
Close