セブ島情報フィリピン・セブ島情報レストラン

カジュアルなアジア料理を楽しもう!アジアンフュージョンレストランのIlaputi(イラプティ)に行ってみた!

セブ島で美味しい料理かつオシャレなレストランでディナーを楽しみたい!と思うことはありませんか?

日本のように内装や外観にこだわるレストランがフィリピンにも数年増えてきており、どのお店も特徴的なので時間がある時は色々なお店をチェックしてみるのも良いかもしれません

セブ島ではタイ料理やベトナム料理を専門とするレストランは多く見つけることが出来ますが、もう少し手軽でオシャレな料理を探している方は今回紹介するIlaputi(イラプティ)というレストランを見てみると良いかもしれませんよ!

元々コールセンターオフィスが集まるITパーク内のビルにあったのですが、長らくあったそのお店は現在閉鎖しました。

その代わりにセブ市内のN・エスカリオ通り(N Escario Street)にあるVibo Place(ビボ・プレイス)の商業施設またはマボロ地区(Mabolo)のポープ・ジョンポール II・アベニュー(Pope John Paul II Ave)の道路沿いにあるThe Greenery(ザ・グリーネリー)内に移転しました。

両方ともSMモールやアヤラモールにアクセスしやすいロケーションにあるので、マップなどを確認しながら一番近い店舗に行くと良いと思います。

イラプティでは主にアジアンフュージョン料理を提供しているレストランです。お店の名前で使われている「Puti」はフィリピン語で「」を意味しており、その名の通り白やグレーのコントラストを強調したデザインになっています。

なんで白をイメージしているかというと、このお店ではロシアの代表的な料理であるビーフ・ストロガノフが人気商品であるから。現在はメニューがシンプルになってしまいましたが、10年前などではストロガノフ系のメニューをいくつか用意されてありました。

今回筆者はマボロ地区のThe Greeneryにある店舗に行ってみました。入ってすぐにサイネージが見えるのですぐに見つかると思います。

2階建てになっているこの店舗では桜または梅の木をイメージした木が置いてありました。イルミネーションされてあるのでとてもオシャレです。

メニューはアペタイザーやメインディッシュの他、一日中オーダー可能な朝食メニュー、そしてお酒類などのドリンクが提供されています。

サンミゲルライトは1本70ペソ(約147円)。冷えていない場合があるので、お好みで氷も頼んでおくと良いでしょう。

料理は2つオーダーしてみました。一つ目はサイゴン・アドボ(Saigon Adobo)価格は248ペソ(約523円)

アドボはフィリピン料理なのですが、そこに小エビのフレークとレモングラス、ヌクチャムのソースが付け加えられたフィリピンとベトナム料理を融合させたメニューになっていました。

お肉がとても柔らかく、ガーリックライスと小エビのフレークがマッチしているのでそのままでも美味しいですが、ソースを掛けることで酸味がアップすることでとてもさっぱりとした味になります。

もう一つはドラゴン・チョップ(Dragon Chop)価格は348ペソ(約735円)

大型のポークチョップにガーリックヨーグルトが掛けられており、サイドで付いてくるターメリックライスにはレーズンとパクチー(コリアンダー)がありました。

ポークチョップには塩コショウがまぶしてあるため、さっぱりとした味付けです。また、小皿に入っているマンゴーをベースにしたソースを掛けることで、フルーティーな感じにもなり、一度に二度楽しめる面白いメニューになっています。

筆者はイラプティのメニューを色々試してきましたが、筆者的にはこのドラゴン・チョップが一番好きなメニューだったりします。ターメリックライスとの相性も抜群なのでご飯が進みますが、結構量が多かったりするのでシェア用にオーダーするのもオススメです。

デートやクライアントとのミーティングでもピッタリですが、他のレストランと比べると価格が少々高めです。

でも美味しいメニューが多く揃っているので、友人たちとワイワイ夜を楽しみたいという方はチェックしてみるのも良いかもしれませんね!

 

Ilaputi(イラプティ) – アジアンフュージョン料理

  • 店舗(リンクをクリックしてGoogle Mapが開きます): The Greenery(マボロ地区)、Vibo Place(N・エスカリオ通り)
  • 営業時間: 11:00~13:00 / 17:00~0:00 (-1:00/土曜日)

 

(MIKIO)

 

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close