ガジェットプロダクション映像ハック

DJIのドローンコントローラをサポートする、Anbeeリモコンストラップ

DJIが販売するPhantomやInspireシリーズのドローンに付属しているコントローラーはMavicやSparkのモデルに比べるとスイッチや機能が多い分、重量もあります。

さっと飛ばすくらいであれば問題ないかもしれませんが、セットアップをしたりハンドキャッチで離着陸を行いたい場合は片手で操作することになるので、慣れていないとコントローラーを落とす可能性があるので少々危険です。

またフライトが長かったり、複雑な操作をしていくと、重たいコントローラーのせいか指や手がプルプルしてしまう経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんな時は一休みすれば良いのですが、飛ばすロケーションによっては置く場所がなかったりするので、置ける場所を探すか地面、または他の人にしばらく渡すということになってしまいますよね。

ドローンも多くのセンサーを搭載しているものの、完全に安全とは言えないので、もし何か起きた時に対処ができるように、常にコントローラーは手元に置いておきたいものです。そんな時はリモコンストラップをつけるのがオススメな方法の一つ。

リモコンストラップとはその名の通り、コントローラーにストラップを付けて首や肩に掛けられる様にできるアクセサリーです。主に首からかけるタイプのものがほとんどですが、さらに安定した状態でコントローラを操作できるベストタイプのものもあります。

今回紹介する「Anbee リモコン用ネックストラップ ラニヤード 肩ベルト」」は首にかけるタイプのストラップになります。

DJIの正規版で購入する場合は2,700円になりますが、こちらのAnbeeのブランドはそれよりも安い、899円で提供されている商品です。

こちらがその「Anbee リモコン用ネックストラップ ラニヤード 肩ベルト」。筆者はAmazonで購入したので、シンプルに包装されたパッケージに商品が入れられていました。

中には頑丈そうなストラップが入っており、商品には「For DJI」と書かれたデザインがストラップの中央に付いていました。デザイン的に、「For」が無い「DJI」だけであれば嬉しい所ですが、ここはサードパーティ製の商品になるので、この様なテキストが印刷されているのでしょうね!

DJIのコントローラーには小さい穴があるので、そこに通すだけですぐに使用できます。

実際に装着してみるとこんな感じに。商品名に書いてあるように、Phantom 4シリーズの他にもInspureやPhantom2 Vision、Phantom 3のコントローラーに対応しています。

立って使用する場合は特に問題なくバランスを取る事ができます。動く時は首掛けタイプのストラップ上動いてしまいますが、無いよりかは安心度はある印象です。一人でドローンを操作する場合は持って置いても損はない物だと思います。

ストラップはそこそこ長く、装着した状態だと、付属のケースには収まらないので収納時面倒ではあるものの、ドローンを利用する時は便利になるアクセサリーになると思うので、気になる方はチェックしてみてはいかがですか?

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close