セブ島情報フィリピン・セブ島情報ローカルライフ観光

フィリピン旅行・出張する際にインストールしておきたいスマホアプリ7つ

セブ島やマニラといったフィリピンで初めて旅行または出張で来る時は入国や現地で問題にならないか、少し不安になってしまいますよね。

しかし、現在はスマートフォンや多くの施設でフリーWIFIが利用できるようになったおかげで、マップやお店の営業時間など必要な情報は簡単に検索できるようになりました。

また数多く見つけられるモバイルのアプリを使うことで、マップでナビを使えるようになったり、アプリによってはオフラインに対応していたりするなど、使い方によってはかなり重宝するツールになると思います

そんなフィリピンに旅行または出張で来る前にインストールしておくと良いアプリケーションはどういったものがあるのでしょうか?筆者がフィリピンで普段から良く使うものでかつ、役に立ちそうなモバイルアプリケーションを紹介したいと思います。

1. Grab

Grabはアプリを通してタクシーまたは乗用車を指定したロケーションにピックアップしてくれる配車アプリです。

路上で拾うタクシーに比べるとナビを使用し、履歴が残るので、ぼられることもなく比較的安全な移動ができます。また一般人が運転するGrab Carを使用すればキャッシュではなくクレジットカード決算が行えるので、スマホがあればキャッシュを持ち歩かずに移動できるというのは嬉しい所。

可能であれば到着前にユーザー登録やクレジットカードの追加の作業を行っておくと良いです。ローミングで使用する場合は電話番号の変更は必要ありませんが、現地のSIMを購入して使用する場合は、フィリピンに到着してから行うと良いでしょう。

2. Waze

本来Wazeは車を運転する時に良く利用されるナビアプリなのですが、渋滞や目的地への到着予想時刻を確認するためにはピッタリのアプリです。

常時インターネットに繋がる必要はあるものの、渋滞状況や最短で到着できる最適なルートを見つけてくれます。筆者的にはフィリピンでGoogle Mapのナビを使用するより、信頼が出来るものだと感じており、タクシーで移動する際はドライバーが違うルートに行かないかどうかを確認できるので、重宝すると思います。

3. Google Map

先程、Wazeの方が良いと書きましたが、あくまでフィリピン国内でナビを利用する場合です。地図機能として使用するのであれば断然Google Mapのほうがベストなので、入れておくことをオススメします。

主に目的地の位置の確認や営業時間等の詳細情報を確認するにはオススメです。フィリピン国内であれば、エリアを決定してオフラインでも使用できるようになります。オフラインで使用する分、スマートフォンの容量を圧迫する場合があるので、できれば500MB以上の容量を確保するようにしましょう。

4. Google翻訳

カフェやホテル、または旅行先で英語がわからないという状況になる可能性は大いにあります。そんな時に役に立つのがGoogle翻訳です。

高度な翻訳機能が使えるのにも関わらず、Google Mapと同じ様に無料で使えます。インターネットに繋がっていればカメラの機能を使用して、リアルタイムで翻訳を行えますが、常にネット接続ができない場合は、英語、タガログ語の翻訳ファイルをダウンロードするとオフラインでも使用が出来るようになります。

5. Skype

フィリピン国内で電話を行うと通常であればローミングを使った国際電話扱いになってしまうので、電話料金が高くなってしまいます。しかしSkypeなどの通話アプリを使用すれば国際電話より断然安く利用することができます。

またSkypeはクレジットを別途購入する必要はあるものの、フィリピン国内の固定電話や携帯電話番号に問い合わせることが出来るので便利です。ただ、フィリピンではSkype固有番号が対応していないので、相手からの掛け直しが必要な場合は日本の電話番号を渡す必要があるので、注意しましょう。

6. Currency

フィリピンペソと日本円の為替がまだ分からない場合、サクッと為替の計算ができると嬉しいですよね。Googleなどから為替サイトを開いて確認するのも一つの手ですが、インターネットに接続している必要があるので、あまりスマートではありません。

しかし、Currencyというアプリを使用すれば、オンライン時に自動で最新の為替レートに更新し、オフラインでも利用できる便利なアプリです。

使い方も非常に簡単で、値段を確認したい為替をタップし金額を入力するだけで、自動でリストにある為替に金額が反映されます。

7. Speedtest

Instagramにいっぱい写真をアップロードする必要がある場合や、カフェやホテルなどで仕事をしている方はインターネット速度はかなり気にしなくてはいけないポイント。フィリピンは無料WIFIを提供している所は多いもの、日本に比べると遅いです。

普通に使う分には問題は無いと思いますが、極端に遅いと感じる場合は接続スピードの確認が行えるSpeedtestのアプリを使用してみると良いでしょう。筆者的に上下1Mbps出ればマシで、3Mbpsであれば良い方だと思います。

他にも色々な役に立つモバイルアプリがありますが、ひとまずこれらを揃えていれば、フィリピンへの旅行は恐れなしになると思いますよ!

(MIKIO)

Additional Photo: Paul Hanaoka

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生の頃に映画製作に興味を持ち始め、中学生の時に部活のメンバーと自主映画を初めて制作。その後フィリピンに留学し、映画専門学校を卒業後、撮影や編集などのフリーランサーを経て、マルチメディア制作会社DreamLine Productionsを立ち上げる。 自分も持っている知識のほか、勉強やメモ代わりに制作などのチュートリアルを投稿していきます。

関連記事

Close
Close