ポストプロダクション・編集映像ハック

[Premiere Pro] 編集した映像を書き出す、2つの方法を見てみよう。

撮影した映像素材を編集したら、最後に行うべき作業が書き出しです。

人によってはエクスポート(Export)またはエンコード(Encode)と呼ぶこの作業ですが、タイムラインに乗せた全てのフッテージやテキスト、音楽、モーショングラフィックスなどの素材を全て一つの映像として変換するプロセスになります。

映像プロジェクトを納品する場合やYouTubeやVimeoなどといった動画共有サイトにアップロードする時には欠かせないプロセスになるのですが、Adobe Premiere Proを使用した場合の書き出しはどの様な方法があるのでしょうか?

Premiere Proではアプリケーション単体で書き出す方法と、エンコーダー専用アプリであるAdobe Media Encoderを使用する2つの方法でプロジェクトを書き出すことが出来ます。

書き出すシーケンスを選択する

Premiere Proで映像を書き出したいプロジェクトを開きます。アプリケーション内でタイムラインであるシーケンスを選択した上で、上部メニューにある「ファイル」から「書き出し」の項目にある「メディア」をクリックします。

またプロジェクトウィンドウから一覧にあるシーケンスを選択し、右クリックで一番下にある「メディアを書き出し」をクリックして、書き出し設定のウィンドウを表示させます。

またWindowsでは「Control + E」、macOSでは「Command + E」のショートカットを利用することで、書き出し設定の画面を呼び込む事ができます。

Premiere Proで書き出す

書き出し設定ウィンドウを開くと、右側に色々な設定が出てきます。まずは出力先のすぐ横にあるテキストをクリックし、ファイル名と保存先を指定し、「保存」をクリックします。

その上にある形式ではコーデック等の指定を行うのですが、ここらへんがあまりわからない場合や特に指定がない場合は現在一般的に使われている「H.264」を選択すると良いでしょう。

さらにその下にはビデオやオーディオなどの詳細設定があります。解像度やビットレートなどの指定を行うことが出来るのですが、わからない場合は「基本ビデオ設定」内にある「ソースに合わせる」をクリックすることで、シーケンスの設定に合わせたものが書き出されるようになります。

またビットレートの設定では、数値が大きいほど高画質になります。しかし、本来高画質に書き出す場合は撮影で使用されたカメラのビットレートに合わせて設定する必要があるため、適切なビットレートを知る必要があります。

もしビットレートについてよくわからない場合で高画質に書き出したい場合は数値を35-50Mbpsの間に、ファイルサイズを抑えて見る分には問題ないビットレートにする場合は10Mbpsに指定すると良いでしょう。

全ての設定が揃ったら後は「書き出し」をクリックすればエンコードが開始されます。

Adobe Media Encoderを使用する

一つのプロジェクトで複数のシーケンスを書き出したい場合、上記の方法であると一つの書き出しが完了するまで待つ必要があるので、少々面倒です。

しかしPremiere ProはAdobeが提供しているMedia Encoderというアプリと連携することによって、複数のシーケンスやフッテージを同時に書き出すことが出来ます。

まず書き出したいシーケンスを選択して、先ほどと同じ様に上部メニューにある「ファイル」、「書き出し」、「メディア」をクリックして書き出し設定のウィンドウを開きます。

そして同じ様に保存先や書き出しの設定を指定した後は「書き出し」のボタンではなく「キュー」をクリックすると、Media Encoderが起動されます。

起動後、右側にあるキューに追加されるので、他のシーケンスも同時に書き出したい場合は繰り返しキューに追加していきます。

プリセットの項目をクリックするとPremiere Proで使った書き出し設定が現れます。また出力ファイルにて保存先も指定できるので、もしPremiere Proで行った設定等を変更したい場合などには便利です。

全てのシーケンスが揃ったら、右上にある緑色の再生ボタンをクリックすることで書き出しが開始します。

Media Encoderではエンコードのステータスのほか、リアルタイムでフレームを確認することが出来るので、わかりやすいのが良いところ。

またMedia Encoderで書き出している間はPremiere Proは利用できるので、編集を行うことが出来るのですが、パソコンのスペックによっては処理が遅くなるだけなので注意しましょう。

 

筆者はプロジェクトのほとんどは一つのシーケンスで収まるので、基本的にPremiere Pro単体で書き出すのですが、プロジェクトによっては複数書き出さないといけない場合があるので、その時はキューに追加してMedia Encoderで書き出しを行うようにしています。

また書き出し中は多くのメモリを使用することになるので、スペックによっては書き出し中は何も出来なくなる場合がります。早く処理を終わらせるためにも他の作業は行わないことがベストかも知れません。

(MIKIO)

タグ

こちらの記事はクリエイティブ・コモンズ 4.0 CC-BYライセンスの元公開されています。詳細

MIKIO

小学生から映像制作に興味を持ち、15歳の頃に部活のメンバーと自主映画を制作。後にフィリピン、セブ島に移って現地や海外の企業向けにTVCM、VPといったコマーシャル制作を提供。主に撮影や編集を得意としているほか、ディレクターやプロデューサーなども出来ます。

関連記事

Close
Close